Advanced Roadmaps でキャパシティを割り当てる方法

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

チームやスプリントに課題を割り当てると、Advanced Roadmaps はイテレーションごとに割り当てられた作業の総量を追跡します。これはチームが実現可能な実行計画を立てるために役立ちます。見積値 (ストーリー ポイント単位または時間/日単位) が取得されて、イテレーションの合計キャパシティから減算されます。イテレーションのキャパシティを変更する方法についてご確認ください。

キャパシティ管理を実行するには、課題を見積もる必要があります。Advanced Roadmaps における課題の見積もりに関する詳細についてご確認ください。

キャパシティを管理する最も簡単な方法は [スプリント] フィールドを使用して課題をスプリントに割り当てることです。割り当てられた課題は、最後の 1 つのスプリントのみにスケジュールされていると仮定されて、キャパシティの見積値を消費します。

また [スプリント] フィールドが空の場合でも、Advanced Roadmaps は課題がキャパシティを消費する時期を推測できます。[スプリント] フィールドが空の場合でも、チームに割り当てられた課題がいずれかのスプリント中に予定された際は課題がキャパシティを消費します。これらの課題は、タイムラインからスプリントを選択するとアクセスできるスプリント詳細ウィンドウにおいて「x 件の課題がスプリントに割り当てられていません」というラベル付きで表示されます。

Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud でタイムラインからイテレーションのキャパシティを変更します。

自動スケジューラーがキャパシティを配分する仕組み

これらはキャパシティ配分の基本コンセプトですが、自動スケジューラーは、複数のイテレーションを対象に計画する場合により複雑なロジックを使用します。自動スケジューラーがキャパシティを配分する仕組みの詳細をご確認ください

その他のヘルプ