タイムラインでキャパシティを割り当てる

チームやスプリントに課題を割り当てると、Advanced Roadmaps はイテレーションごとに割り当てられた作業の総量を追跡して、チームに対して実現可能な実行計画を立てるのに役立ちます。

Advanced Roadmaps がキャパシティを割り当てる方法

  • キャパシティは、日付、チーム、またはスプリントの割り当てに基づいて、先着順で消費されます。

    • 複数のイテレーションでスケジュールされた課題は、最初のイテレーションですべての利用可能なキャパシティを消費してから次のイテレーションに進みます。しかし、課題を個別のイテレーションに割り当てられる小さなサブタスクに分解することをお勧めします。

  • 見積もられた課題のみがキャパシティを消費する

    • スプリントに割り当てられているが見積もられていない課題は、スプリント ポップアップ ウィンドウに x 件の見積もられていない課題というラベルで表示されます。

  • スプリント内に収まる開始日と終了日が設定されている見積もられた課題は、割り当てられていなくてもキャパシティを消費します。これらの課題は、スプリント ポップアップ ウィンドウで、x unassigned issues during sprint (スプリント中の x の未割り当て課題) ラベルが表示されます。

最終更新日 2021年08月10日)
次でキャッシュ 2:51 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ