計画での依存関係の表示方法を変更する

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

Jira に含まれているプロジェクトのタイムラインについては、ドキュメンテーションにセクションが別途用意されています。Jira のプロジェクト タイムラインに関するドキュメンテーションはこちらからご確認ください。。

 

該当する計画内の依存関係の表示を変更する方法。

  1. プランの [ロードマップ] ビューから、プランの右側にある [設定を表示] メニューに移動します。

  2. [依存関係のスタイル] ドロップダウンを使用して、依存関係スタイルを選択します。

依存関係の表示オプション

計画のリストには、[受信依存関係] 列と [送信依存関係] 列のみが表示されます。タイムライン バーの表示/非表示を切り替える方法をご確認ください。

タイムラインが表示されている画面で、次のいずれかのオプションを選択できます。

  • [バッジ] で、スケジュール バーの両端にバッジ アイコンが追加されて、依存関係がその課題にリンクされていることを示します。 

    • [依存関係スタイル] ドロップダウン メニューの下にある [依存関係の数を表示] チェックボックスを使用して、バッジに依存関係の数を追加できます。このオプションは、バッジが選択されている場合にのみ使用できます。線を表示しているときにこの番号を表示するには、スケジュール バーにカーソルを合わせます。 

  • [] で、タイムライン上の依存課題を線で結び付けます。

    • 該当する計画で 2 つの依存課題の間に線が表示されない場合、または該当する計画に含まれていない課題に依存関係が接続されている場合は、代わりにバッジ アイコンが表示されます。依存関係の数を表示するには、スケジュール バーにカーソルを合わせます。

    • 矛盾する日付がある場合、線は赤に変わります。この課題を解決するには、依存関係の開始日または終了日を変更します。

    • 該当する計画に含まれていない課題に依存関係が接続されている場合、または他の理由で線が表示されない場合は、代わりに 該当する計画にアイコンが表示されます。

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。