チーム管理対象スプリント バーンダウン チャートを確認して理解する

このページは チーム管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトをご利用中です] とある場合は、企業管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

はじめる前に

チーム管理対象プロジェクトにあるスプリントのバーンダウン チャートは、レポート機能とスプリント機能が有効な場合にのみ使用できます。

スプリント バーンダウン チャートとは

スプリント バーンダウン チャートには、1 回のスプリントで完了した作業量と、残りの合計作業量が表示されます。スプリント バーンダウン チャートを使用すると、与えられた時間内にチームが作業を完了できる可能性を予測できます。スプリントを通して残りの作業を追跡することで、チームの進捗状況を管理し、さまざまな状況に適切に対応できます。たとえば、バーンダウン チャートでスプリントの目標達成が難しいことが示されたら、チームは必要なアクションを取り、作業の軌道を修正できます。

スコープの変更が発生した場合にチームに情報を伝えるのにも役立ちます。

スプリントのバーンダウン チャートの詳細は、当社の Agile Coach サイトをご覧ください

レポートの読み方

  • 縦軸は課題またはストーリー ポイントの数で作業量を表します (見積もりが有効化されている場合)。横軸はスプリントの期間を表します。

  • 灰色の線は理想的な進捗率を表します。チームは一定したスピードで作業を完了させることが理想であるため、この線は直線的に降下する傾向があります。

  • 赤いラインは、スプリントの残りの作業量を示します。このラインが灰色のラインに近いほど、好ましい状況にあります。

  • レポートには、チャートの詳細を説明するために多くの表も含まれます。表のヘッダー列を選択すると、表のデータを並べ替えることができます。次のような表があります。

    • スコープ変更ログ: スプリントの進行中にスプリントに追加された課題、スプリントから削除された課題、または見積もりの変化を表します。

    • 未完了の課題: スプリントで完了されなかった (つまりステータスが "完了" に変更されなかった) 課題を表します。これには、開始されなかった課題が含まれます。

    • 完了した課題: スプリントの進行中に "完了" ステータスに移動した課題です。

    • スプリント外で完了した課題: これには以下の課題が含まれます。

      • スプリントの開始前または開始後にスプリントに追加された完了済みの課題。

      • スプリントに追加されたものの、スプリントの開始前に完了した課題。

    • スプリントから削除された課題: スプリント進捗中にスプリントから削除された課題を表します。

その他の注意事項

  • 見積機能が有効化されている場合、各課題に対するチームのストーリー ポイント見積りを使用してレポートが表示されます。

  • 見積機能が有効化されていない場合、課題の数を使用してレポートが表示されます。つまり、各課題の重みは同等として扱われます。 

  • レポートは、サブタスクのデータを使用しません (プロジェクトのサブタスクに独自の見積もりがある場合も含む)。ストーリー、バグ、タスクなど、標準レベルの課題タイプのデータのみを使用します。

最終更新日 2021年04月 6日)
次でキャッシュ 2:40 AM on Sep 25, 2021 |

その他のヘルプ