コード機能を有効にする

コード機能では、コード リポジトリを自動で接続してプロジェクトに表示することで、チームの作業をより視覚的に把握できます。

Jira Software プロジェクトのコードを有効にする

プロジェクト管理者のみがプロジェクトの機能を有効または無効にできます。

  1. Jira Software プロジェクトに移動します。

  2. [プロジェクト設定] > [機能] に移動します。

  3. [コード] 機能を有効にします。

[コード] という新しいメニュー項目がプロジェクト メニューに追加されます。

チームのリポジトリを接続する

コード機能を使用するには、Jira Software を Bitbucket や GitHub などのソース コード管理ツールと統合する必要があります。Jira と開発ツールの統合に関する詳細についてご確認ください

コード機能では、チームが現在のプロジェクトに接続しているすべてのリポジトリが表示されます。

コード ページ

ブランチ名、コミット メッセージ、プル リクエストの先頭に課題キーを含めることで、リポジトリをプロジェクトに接続できます。手順は次のとおりです。

  1. リンクする Jira 課題のキー (「JRA-123」など) を探します。

  2. ブランチ名の先頭で課題キーを使用して、リポジトリで新しいブランチをチェックアウトします。例: git checkout -b JRA-123-<branch-name>

  3. ブランチへの変更をコミットする際には、コミット メッセージの先頭で課題キーを使用します。例: git commit -m "JRA-123 <summary of commit>"。 また、プル リクエストのタイトルの先頭に課題キーを含められます。

変更をコミットするかブランチをプッシュしたら、プロジェクト メニューの [コード] に移動して、接続されているリポジトリを確認します。接続が完了するまでに数分かかる場合があります。

開発作業で課題を参照する方法や、Jira Software と開発ツールの統合に関する詳細についてご確認ください

コード設定

ページの右上にある[その他のオプション](•••) メニューからコード設定に移動できます。

コード設定

たとえば、GitHub がインストールされている場合は、[Github 設定] を選択してアプリの統合を管理します。

また、コード機能を無効にする場合は、このメニューを使用してプロジェクト機能を管理できます。

Jira Software の開発情報を表示する

開発作業で課題の参照を開始すると、次のメリットが得られます。

[コード] ページのリポジトリ

[コード] ページには、プロジェクトに関連するすべてのリポジトリのリストが表示されます。

Jira 課題の開発パネル

開発作業で参照されている課題には [開発] パネルがあります。このパネルは、課題の "詳細" セクションで確認できます。パネルには、課題に関連するブランチ、コミット、プル リクエストのステータスが表示されます。

Jira 課題の詳細ビューには、「開発」というセクションがあります。この課題には、1 つのブランチ、8 つのコミットと 1 つのプル リクエストがあります
  1. 開発パネル: ブランチ、コミット、プル リクエストにカーソルを合わせると、最終更新日時が表示されます。

開発パネルの詳細をご確認ください

カードでの開発情報

コード機能を有効にし、チームがブランチ名、コミット メッセージ、プル リクエストに課題キーを含めると、Jira ボードでより多くの開発情報が確認できるようになります。課題カードには、プル リクエスト、ブランチ、またはコミットがいつ関連付けられたかを示す開発アイコンが表示されます。アイコンにカーソルを合わせて開発アクティビティの詳細を表示し、クリック スルーして接続されている開発ツールに移動します (Jira ボードに 100 件を超える課題がある場合、開発アイコンは表示されない点にご注意ください)。

企業管理対象 Jira ボード上の課題にリンクされた開発情報

自動化

自動化を使用して、ブランチの作成時に課題を [進行中] に移行する場合など、開発に関連するルールを作成します。

Jira Cloud プロセスを自動化する方法の詳細

 

その他のヘルプ