コード機能を有効にする

このページは チーム管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトをご利用中です] とある場合は、企業管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

コード機能を使用すると、プロジェクト内のチームのコード リポジトリが自動的にリンクおよび表示でき、チームの作業の可視性が高まります。

チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトでコードを有効にする

プロジェクト管理者のみがプロジェクトの機能を有効または無効にできます。

  1. チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. [プロジェクト設定] > [機能] に移動します。

  3. [コード] 機能を有効にします。

[コード] という新しいメニュー項目がプロジェクト メニューに追加されます。

チームのリポジトリをリンクする

コード機能を使用するには、Jira Software を Bitbucket またはその他のソース コード管理ツールに接続する必要があります。Jira と開発ツールとの統合の詳細についてご紹介しています

コード画面には、チームが取り組んでいる現在のプロジェクトに関連付けられているリポジトリのリストが表示されます。

コード ページ

リポジトリをプロジェクトにリンクするには、ブランチ名、コミット メッセージ、プル リクエストに課題キーを含めます。デプロイ作業で課題を参照する方法をご覧ください。また、Jira Software と開発ツールを連携すると利用可能になる機能の詳細をご覧ください

コード設定

ページの右上にある[その他のオプション](•••) メニューからコード設定に移動できます。

コード設定

たとえば、GitHub がインストールされている場合は、[Github 設定] を選択してアプリの統合を管理します。

このメニューからコード機能も無効にできます。[プロジェクト設定] > [機能] に進みます。

最終更新日 2021年09月 7日)
次でキャッシュ 9:23 PM on Sep 23, 2021 |

その他のヘルプ