コード機能を有効にする

このページは チーム管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトをご利用中です] とある場合は、企業管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

The code feature gives you greater visibility of your team's work by automatically connecting and displaying your code repositories in your project.

チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトでコードを有効にする

プロジェクト管理者のみがプロジェクトの機能を有効または無効にできます。

  1. チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. [プロジェクト設定] > [機能] に移動します。

  3. [コード] 機能を有効にします。

[コード] という新しいメニュー項目がプロジェクト メニューに追加されます。

Connecting your team’s repositories

To use the code feature, you’ll need to integrate Jira Software with a source code management tool like Bitbucket or GitHub. Learn more about integrating Jira with your development tool.

The code feature will display all the repositories your team has connected to the current project.

コード ページ

You can connect a repository to a project by including issue keys at the beginning of your branch names, commit messages, and pull requests. Here’s how:

  1. Find the key for the Jira issue you want to connect to, for example “JRA-123”.

  2. Checkout a new branch in your repository, using the issue key at the beginning of the branch name. For example, git checkout -b JRA-123-<branch-name>.

  3. When committing changes to your branch, use the issue key at the beginning of your commit message. For example, git commit -m "JRA-123 <summary of commit>". You can also include the issue key at the beginning of the pull request title.

After you commit your changes or push your branch, go to Code in the project menu to see the connected repository. It can take a few minutes for the connection to complete.

Learn how to reference issues in your development work and read more about integrating Jira Software with your development tools.

コード設定

ページの右上にある[その他のオプション](•••) メニューからコード設定に移動できます。

コード設定

たとえば、GitHub がインストールされている場合は、[Github 設定] を選択してアプリの統合を管理します。

You can also use this menu to manage your project features if you want to disable the code feature.

その他のヘルプ