計画の課題を自動スケジュールする

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

Jira に含まれているプロジェクトのタイムラインについては、ドキュメンテーションにセクションが別途用意されています。Jira のプロジェクト タイムラインに関するドキュメンテーションはこちらからご確認ください。。

 

自動スケジューラーは、プランの設定に基づいて課題の詳細のバランスを考えてプランを構成します。その後、生成されたプランを正確なニーズに合わせて調整できます。自動スケジューラーがプラン内で課題をスケジュールする仕組みをご確認ください

プランの課題を自動スケジュールするには:

  1. 初期設定では、自動スケジューラーはプラン内の見積もりのある課題をすべてスケジュールします。特定の課題をスケジュールする場合は、[スコープ] セクションのチェックボックスを使用して課題を選択します。

  2. [自動スケジュール] に移動して、自動スケジュール設定を構成します。自動スケジューラー構成オプションについてご確認ください

  3. [結果をプレビュー] を選択すると、上に示すように変更の提案が表示されます。自動スケジュールされた課題のスケジュール バーと、それに対応する課題の詳細が紫のストライプで表示されます。フィールドの上にカーソルを合わせると、現在の値と提案された変更を比較できます。自動スケジュールされる課題の数は、プランで選択した階層レベルによって決まります。

  4. [変更を受け入れる] を選択してプランを作成します。自動スケジューラーは、現在アクティブなスプリントにある課題を上書きしません。

  5. 変更を加えて [変更を確認] を選択します。

計画機能はサンドボックス環境です。つまり、ここで実行した変更は、Jira の課題にコミットし直すことを選択するまでコミットされません。

計画内で変更を保存する方法をご確認ください。

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。