Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

ロードマップで親課題をスケジュールする

特に明記されない限り、Jira Software のロードマップ ビューは、企業管理対象チーム管理対象の両プロジェクトで同じです。

ロードマップのタイムラインの親課題は、[開始日] と [期限] を使用してスケジュールされます。

チーム管理対象プロジェクトでは、初期設定で [開始日] と [期限] の各フィールドが表示されます。

企業管理対象プロジェクトでは、課題にこれらのフィールドを表示することをお勧めします。これらのフィールドが非表示でもロードマップは機能しますが、それによって完了済みの課題がロードマップに表示されない場合があります。

 

課題に初期設定以外のフィールドを表示させるには、次の手順に従います。

  1. [設定] > [課題] の順に移動します。

  2. 左側の列から [フィールド設定]、編集するスキームの順に選択します。

  3. 追加するフィールドを、検索ボックスで検索するかリスト内から見つけて [表示] を選択します。サイトにすでに表示されている場合は、代わりにこのボタンに [非表示] と表示されます。

  4. 最後に、課題に追加するフィールドの行で [画面] > このフィールドを追加するプロジェクトの順に選択します。

  5. 完了したら、一番下までスクロールして [更新] を選択します。

子課題から日付を推測する

親課題の [開始日] や [期限] の各フィールドが空の場合、ロードマップは子課題に割り当てられた日付に基づいて期間を推測します。これをロールアップと呼びます。これらの日付は子課題の日付が変更されると自動で更新されますが、日付が手動で設定されるとオーバーライドされます。

ロードマップにおける日付のロールアップに関する詳細についてご確認ください。

[開始日] と [期限] の各フィールドによって、課題をスケジュールする

  1. [開始日] と [期限] の各フィールドが課題ビューに表示されていることを確認します。

  2. [課題] 列からスケジュールする課題を選択すると、サイド情報パネルが開きます。

  3. 課題パネルの [開始日] と [期限] の各フィールドを探して、日付を変更します。

スケジュール バーによって課題をスケジュールする

  1. ロードマップ ビューで、希望する場所にスケジュール バーを配置します。課題の初期設定期間は、ロードマップの期間設定により異なります。ロードマップの設定に基づく期間の長さは次のとおりです。

    • 週単位 - 課題の期間は 7 日間です。

    • 月単位 - 課題の期間は 14 日間です。

    • 四半期 - 課題の期間は 30 日間です。

  2. スケジュール バーの端のどちらかをドラッグして、開始日または終了日を変更します。

その他のヘルプ