リリース ページを使用してバージョンの進捗を確認する

バージョンは、それぞれの時点におけるプロジェクトの状態を表します。顧客に機能を公開する予定の設定や、プロジェクトで完了した作業の整理に使用できます。

Jira Software では、バージョンはリリース機能によって管理されます。

バージョンのリリース ページを表示するには、次の手順に従います。

  1. Jira Software プロジェクトにログインします。

  2. サイド メニューから [リリース] を選択します。

  3. バージョンを選択すると、そのリリース ページが表示されます。

リリースのステータス、バージョンの課題、開発情報を示すリリース ハブのスクリーンショット。

バージョンのリリース ページでは、課題が「To Do」、「進行中」、「完了」のどの段階にあるかに応じてタブにグループ化されます。

課題は、そのステータスとステータス カテゴリに応じて、「To Do」、「進行中」、または「完了」の下に表示されます。たとえば、「オープン」ステータスのステータス カテゴリが「To Do」に設定されている場合があります。この場合、リリース ページでは「To Do の課題」タブに表示されます。Jira の課題ステータスその設定方法の詳細についてご確認ください。

[関連作業] 機能を使用すると、バージョンにリンクを追加できるため、チーム メンバーや関係者が、ドキュメント、ダッシュボード、リリースに関連するその他のものを簡単に見つけることができます。たとえば、リリース ノート、アナリティクス ダッシュボード、設計仕様、関連するサポート ドキュメントへのリンクを追加することが考えられます。

バージョンへのリンクの追加方法:

  1. Jira Software プロジェクトにログインして、バージョンに移動します。

  2. [関連作業] セクションで [追加] を選択します。

  3. リンクしたい作業の URL を入力します。

  4. 説明を追加します (任意)。

  5. カテゴリを選択して保存します。

リンクが Smart Link 機能でサポートされているプロバイダーからのものである場合は、リンク先のドキュメントから説明、最終更新日、プロバイダー名、ロゴを取得します。その他のすべてのリンクの場合は、リンクを追加するときに入力した一般的なアイコンと説明が表示されます。

バージョンにリンクを追加するには、プロジェクト管理者権限が必要です。

リリース ページで警告を表示する

課題の警告は、課題のデータが開発データと同期していない可能性がある際に表示されます。Jira Software に接続されている開発ツールに応じて、リリース ページに次の警告が表示されます。

  • オープンなプル リクエスト - 課題は完了していますが、オープンなプル リクエストがあります。

  • 未レビューのコード - 課題は完了していますが、そのコミットがプル リクエストまたはコード レビューに含まれていません。

  • ビルド失敗 - 課題は完了していますが、失敗したビルドにリンクされています。

  • オープンなレビュー - 課題は完了していますが、オープンなレビューがあります (この警告タイプは、Jira Software と Fisheye-Crucible の統合を使用している場合にのみ表示されます)。

リリース ページに警告が表示されるのは、次の場合だけです。

  • Jira Software は開発ツールに接続されています。例: Bitbucket、GitHub、GitLab、または Jenkins。開発ツールとの統合に関する詳細についてご確認ください

  • 「開発ツールを表示」権限を持っている場合は、Jira 権限の詳細についてご確認ください。

  • 警告が有効になっています。[警告を管理] ボタンをクリックすると、有効になっている警告を表示できます。警告を有効または無効にするには、プロジェクト管理者権限が必要です。

リリースの警告管理画面。オープンなプル リクエスト、オープン レビュー、未レビューのコード、失敗したビルドに対する警告を有効化します。

リリース ページで開発情報を表示する

優先度、課題タイプ、プロジェクト キー、要約、担当者、ステータス、開発パネルの 7 列を含む、サンプル リリース ハブ。

次の条件を満たす場合は、"リリース" ページにご利用のバージョン内の各課題に関連するコミット、ブランチ、プル リクエスト、ビルド、デプロイが表示されます。

  • Jira Software が開発ツールに接続されていること。かつ、

  • チームが課題キーにブランチ名、コミット メッセージ、プル リクエストを含めていること。

コミット、ブランチ、プル リクエスト

Bitbucket や GitHub などの SCM ツールを接続している場合は、各課題に関連付けられたコミット、ブランチ、プル リクエストの数が [開発] 列に表示されます。また、プル リクエストのステータスが表示されます (例: オープン、マージ、却下)。開発者情報をクリックすると、SCM ツールにあるコミット、ブランチ、プル リクエストへのリンクが記載された詳細ダイアログが表示されます。

ビルド

Bitbucket、GitHub、GitLab などのビルド ツールを接続している場合は、[ビルド] 列にバージョンにある各課題のビルド ステータスが表示されます。ビルドが成功したのか、失敗したのか、不明なのかを示すアイコンが表示されます。ビルド アイコンをクリックすると、ビルド ツール内の関連するパイプラインへのリンクを含む詳細なダイアログが表示されます。

デプロイメント

Bitbucket Pipelines、GitHub、GitLab、Jenkins などの CI/CD ツールを接続している場合は、[デプロイ] 列にバージョンにある各課題のデプロイ ステータスが表示されます。課題が正常にデプロイされているかどうかを示すアイコンと、デプロイ先の環境を表すラベルが表示されます。デプロイ ステータスをクリックすると、CI/CD ツールにある関連するパイプラインへのリンクが記載された詳細ダイアログが表示されます。

機能フラグ

LaunchDarkly や Split などの機能管理ツールを接続している場合は、[機能フラグ] 列にフラグ アイコンとパーセンテージが表示されます。アイコンはフラグが有効か無効かを示しており、パーセンテージは特定のフラグの現在のロールアウトを示しています。1 つの課題に複数の機能フラグがリンクされていると、[機能フラグ] 列にはフラグのアイコンと、その課題にリンクされたフラグの合計数が表示されます。フラグにカーソルを合わせると詳細が表示されます。または、クリックすると、機能フラグ ツールの関連フラグへのリンクを含む詳細なダイアログが表示されます。

バージョンをリリースする

バージョンをリリースするには、[プロジェクト] > [リリース] の順に移動し、希望するバージョンを選択して [リリース] を選びます。バージョンをリリースすると、Jira Software で「リリース済み」としてマークされます。リリース日を設定して、未完了の課題を別のバージョンに移動させるオプションも用意されています。

その他のヘルプ