Advanced Roadmaps の課題をリリースに従ってスケジュールする

スプリントや設定されている日付でスケジュールするのに加えて、課題は割り当てられているリリースに基づいてスケジュールできます。

Advanced Roadmaps がプランで使用する日付を変更するには、次の手順に従います。

プランのスプリントまたはリリースから日付を推測するには、次の手順に従います。

  1. [ロードマップ] ビューから、 を使用して [設定] に移動し、プラン名の横にある [構成] をクリックします。

  2. [スケジュール] タブの [推定日] セクションで、課題に開始日と終了日がない場合に Advanced Roadmaps で自動入力する日付を選択します。次から選択します。

    1. なし

    2. スプリントの日付

    3. リリース日

有効にすると、課題がリリースに割り当てられているリリース日に基づいて課題をスケジュールできますが、開始日または終了日は含まれません。ここから、リリースの割り当てを変更することなく、課題の日付を手動で調整できます。ただし、リリース日を超えて課題を移動すると、リリースは逸脱してアイコンが赤に変わります。

この設定を使用するには、固定日を使用してプランのリリースをスケジュールする必要があります。リリースが開始日または終了日で [As soon as possible (できるだけ早く)]、[すべての課題が完了した後]、または [Relative to a previous release (前のリリースと関連付ける)] を使用する場合、スケジュール バーは決定できないことを示してフェード アウトします。

[開始日] フィールドと [期限] フィールドの横には、以下に示すように R のバッジが表示されます。

Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud でリリースに基づいてスケジュールする
最終更新日 2021年09月22日)
次でキャッシュ 1:36 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ