JQL フィールド

JQL では、特定のフィールドの値を検索できます。Jira の各フィールドには、対応する JQL 名があります。カスタム フィールドを作成した場合は、そのフィールドに名前を付けるように求められます。

句では、フィールドの後に演算子、その後に 1 つ以上の値 (または関数) が続きます。演算子はフィールドの値を右側の 1 つ以上の値または関数と比較して、true となる結果のみが句によって取得されます。JQLでは 2 つのフィールドを比較できません。

対象バージョン

特定の対象バージョンに割り当てられた課題を検索します。検索条件にはバージョン名またはバージョン ID (Jira がバージョンに自動的に割り当てる番号) を使用できます。バージョン名で検索するよりも、バージョン ID で検索することをおすすめします。これは、異なるプロジェクトで同じ名前を使用している可能性があるためです。また、Jira 管理者がバージョン名を変更した場合、その名前に依存している保存済みのフィルターが使用できなくなる可能性がありますが、バージョン ID は一意であり、変更されることはありません。

構文

1 affectedVersion

フィールド タイプ

VERSION

オートコンプリート

はい

サポートされる演算子

= , != , > , >= , < , <=
IS, IS NOT, IN, NOT IN 比較演算子 (例: ">") は、数値やアルファベット順ではなくプロジェクト管理者が設定したバージョン順を使用することにご注意ください。

サポートされない演算子

~ , !~
WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

サポートされる関数

= および != 演算子と共に使用する場合、このフィールドは以下をサポートします。

  • latestReleasedVersion()

  • earliestUnreleasedVersion()

IN および NOT IN 演算子と共に使用する場合、このフィールドは以下をサポートします:

  • releasedVersions()

  • unreleasedVersions()

  • AffectedVersion が 3.14 である課題を検索
    affectedVersion = "3.14"
    終止符は予約文字のため、引用符で囲む必要がある点にご注意ください。

  • AffectedVersion が "Big Ted" である課題を検索:
    affectedVersion = "Big Ted"

  • AffectedVersion ID が 10350 である課題を検索:
    affectedVersion = 10350

承認

Jira Service Management でのみ使用します。

承認済みまたは承認待ちのリクエストを検索します。この検索はユーザーによってさらに細かく設定できます。

構文

1 approvals

フィールド タイプ

USER

オートコンプリート

いいえ

サポートされる演算子

=

サポートされない演算子

~ , != , !~ , > , >= , < , <=
IS , IS NOT , IN , NOT IN , WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN , CHANGED

サポートされる関数

  • approved()

  • approver()

  • myApproval()

  • myPending()

  • myPendingApproval()

  • pending()

  • pendingBy()

  • John Smith による承認が必要または必要だったリクエストを検索:
    approval = approver(jsmith)

  • John Smith による承認が必要なリクエストを検索:
    approval = pendingBy(jsmith)

  • 現在のユーザーによる承認が必要な (または必要だった) リクエストを検索する
    approval = myPending()

  • 承認が必要なすべてのリクエストを検索:
    approval = pending()

担当者

特定のユーザーに割り当てられた課題を検索します。検索条件にはユーザーのフルネーム、ID またはメール アドレスを使用できます。

構文

1 assignee

フィールド タイプ

USER

オートコンプリート

はい

サポートされる演算子

= , !=
IS, IS NOT, IN, NOT IN, WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

注意: 比較演算子 (例: ">") は、数値やアルファベット順ではなくプロジェクト管理者が設定したバージョン順を使用します。

サポートされない演算子

~ , !~ , > , >= , < , <=

サポートされる関数

IN および NOT IN 演算子と共に使用する場合、このフィールドは以下をサポートします:

  • membersOf()

EQUALS または NOT EQUALS 演算子と共に使用する場合、このフィールドは以下をサポートします:

  • currentUser()

  • John Smith に割り当てられた課題を検索:
    assignee = "John Smith" または
    assignee = jsmith

  • John Smith に現在割り当てられている、または割り当てられていた課題を検索:
    assignee WAS jsmith

  • メール アドレスが bob@mycompany.com: であるユーザーによって割り当てられた課題を検索:

    • assignee = "bob@mycompany.com"

      終止符と @ 記号は予約語のため、引用符で囲む必要があります。

添付ファイル

添付ファイルがある、または添付ファイルがない課題を検索します。 

構文

1 attachments

フィールド タイプ

ATTACHMENT

オートコンプリート

はい

サポートされる演算子

IS, IS NOT

サポートされない演算子

=, != , ~ , !~ , > , >= , < , <= IN, NOT IN, WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

サポートされる関数

なし

  • 添付ファイルを持つ課題を検索:
    attachments IS NOT EMPTY  

  • 添付ファイルを持たない課題を検索:
    attachments IS EMPTY 

カテゴリー

特定のカテゴリー内のプロジェクトに所属する課題を検索します。

構文

1 category

フィールド タイプ

CATEGORY

オートコンプリート

はい

サポートされる演算子

=, !=
IS, IS NOT, IN, NOT IN

サポートされない演算子

~ , !~ , > , >= , < , <= WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

サポートされる関数

なし

  • "Alphabet Projects" カテゴリのプロジェクトに含まれる課題を検索:
    category = "Alphabet Projects"

ゲーティング タイプを変更する

Jira Service Management でのみ使用します。

変更リクエストに使用されている変更ゲーティングのタイプを検索します。「Tracked-only」のリクエストは、変更管理プロセスとは別に設けられている統合によって生成されます。これらのツールでは、承認や変更のゲーティング戦略は考慮されません。「Tracked-only」の変更リクエストは、記録保持の目的にのみ使用されます。

構文

1 change-gating-type

フィールド タイプ

TEXT

オートコンプリート

はい

サポートされる演算子

= , !=

IS, IS NOT, IN, NOT IN

サポートされない演算子 

~ , !~ , > , >= , < , <= WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

サポートされる関数

なし

  • ゲーティング タイプが空のリクエストを検索:
    change-gating-type is EMPTY

  • ゲーティング タイプが「Tracked-only (追跡のみ)」のリクエストを検索する
    change-gating-type = "tracked-only"

コメント

Jira テキスト検索構文によって、コメントに特定のテキストを含む課題を検索します。

構文

1 comment

フィールド タイプ

TEXT

オートコンプリート

いいえ

サポートされる演算子

~ , !~

サポートされない演算子

= , != , > , >= , < , <=
IS, IS NOT, IN, NOT IN, WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

サポートされる関数

なし

  • コメントに "My PC is quite old" という単語が含まれる課題を検索:
    comment ~ "\"My PC is quite old"

Component

プロジェクトの特定のコンポーネントに割り当てられた課題を検索します。検索条件にはコンポーネント名またはコンポーネント ID (Jira がバージョンに自動的に割り当てる番号) を使用できます。

注意: コンポーネント名ではなくコンポーネント ID で検索することをおすすめします。異なるプロジェクトに同じ名前のコンポーネントがある場合、コンポーネント名で検索すると、複数のプロジェクトから課題が返される可能性があります。また、Jira 管理者がコンポーネント名を変更すると、その名前に依存している保存済みのフィルターが使用できなくなる可能性がありますが、コンポーネント ID は一意であり、変更されることはありません。

構文

1 component

フィールド タイプ

COMPONENT

オートコンプリート

はい

サポートされる演算子

= , !=
IS , IS NOT , IN , NOT IN

サポートされない演算子

~ , !~ , > , >= , < , <= WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

サポートされる関数

IN および NOT IN 演算子と共に使用する場合、コンポーネントは以下をサポートします:

  • componentsLeadByUser()

  • "Comp1" または "Comp2" コンポーネントを持つ課題を検索:
    component in (Comp1, Comp2)

  • "Comp1" および"Comp2" コンポーネントを持つ課題を検索:
    component in (Comp1) and component in (Comp2)
    or
    component = Comp1 and component = Comp2 

  • ID が 20500 のコンポーネントを持つ課題を検索:
    component = 20500 

created

特定の日付 (または日付範囲)、またはその前後に作成された課題を検索します。時間コンポーネントが指定されていない場合、深夜 0 時と想定されます。検索結果は設定したタイムゾーン (既定では Jira サーバーのタイムゾーン) に対して相対的なものとなります。

以下の形式のいずれかを使用:

"yyyy/MM/dd HH:mm"
"yyyy-MM-dd HH:mm"
"yyyy/MM/dd"
"yyyy-MM-dd"

"w" (週)、"d" (日)、"h" (時間) または "m" (分) を使用して、現在の時刻に対する相対的な日付を指定することもできます。既定は "m" (分) です。引用符 (") を使用する必要があることにご注意ください。引用符を省略した場合、入力した数字はエポック (1970-1-1) のミリ秒後と解釈されます。

構文

1 created

エイリアス

1 createdDate

フィールド タイプ

DATE

オートコンプリート

いいえ

サポートされる演算子

= , != , > , >= , < , <= IS , IS NOT , IN , NOT IN

サポートされない演算子

~ , !~ WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN, CHANGED

サポートされる関数

EQUALSNOT EQUALSGREATER THANGREATER THAN EQUALSLESS THANLESS THAN EQUALS 演算子と共に使用する場合、このフィールドは以下をサポートします:

  • currentLogin()

  • lastLogin()

  • now()

  • startOfDay()

  • startOfWeek()

  • startOfMonth()

  • startOfYear()

  • endOfDay()

  • endOfWeek()

  • endOfMonth()

  • endOfYear()

  • 2010 年 12 月 12 日より前に作成されたすべての課題を検索:
    created < "2010/12/12"

  • 2010 年 12 月 12 日以前に作成されたすべての課題を検索:
    created <= "2010/12/13"

  • 2010 年 12 月 12 日の午後 2:00 より前に作成されたすべての課題を検索:
    created > "2010/12/12" and created < "2010/12/12 14:00" 

  • 1 日以内に作成された課題を検索:
    created > "-1d"

  • 2011 年 1 月に作成された課題を検索:
    created > "2011/01/01" and created < "2011/02/01"

  • Find issues created on 15 January 2011:created > "2011/01/15" and created < "2011/01/16"

作成者

特定のユーザーが作成した課題を検索します。ユーザーの氏名、ID、またはメール アドレスで検索できます。課題の作成者は変更されないため、過去の作成者は検索できないことにご注意ください (例: WAS)。その他のオプションについては「報告者」をご参照ください。 

構文

1 creator

フィールド タイプ

USER

オートコンプリート

はい

サポートされる演算子

= , !=
IS , IS NOT , IN , NOT IN

サポートされない演算子

~ , !~ , > , >= , < , <= CHANGED, WAS, WAS IN, WAS NOT, WAS NOT IN

サポートされる関数

IN および NOT IN 演算子と共に使用する場合、このフィールドは以下をサポートします:

  • membersOf()

EQUALS または NOT EQUALS 演算子と共に使用する場合、このフィールドは以下をサポートします:

  • currentUser()

  • Jill Jones が作成した課題を検索:
    creator = "Jill Jones"
    or
    creator = "jjones"

  • creator = "bob@mycompany.com"
    のメールアドレスを持つユーザーが作成した課題を検索
    (Note that full-stops and "@" symbols are reserved characters, so the email address needs to be surrounded by quote-marks.) 

カスタム フィールド

Jira 管理者が 1 つ以上のカスタム フィールドを作成している場合にのみ使用できます。

特定のカスタム フィールドに特定の値が入力された課題を検索します。検索にはカスタム フィールド名またはカスタム フィールド ID (例: Jira がカスタム フィールドに自動的に割り当てた番号) を使用できます。

注意: カスタム フィールド名ではなくカスタム フィールド ID で検索することをおすすめします。カスタム フィールドの名前が Jira の組み込みのシステム フィールドと同じ場合、Jira はカスタム フィールドではなくシステム フィールドで検索を実行します。また、Jira 管理者がカスタム フィールド名を変更すると、その名前に依存している保存済みのフィルターが使用できなくなる可能性がありますが、カスタムフィールド ID は一意であり、変更されることはありません。

構文

1 CustomFieldName

エイリアス