サイクル期間レポートを表示して理解する

このページは チーム管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトをご利用中です] とある場合は、企業管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

サイクル期間レポートは、チームがデプロイ パイプラインを通じて課題をリリースするのに要する時間と、外れ値の対処方法を理解するのに役立ちます。

サイクルタイム

このガイドでは、次を確認します。

  • サイクル期間レポートを表示して把握する方法

  • サイクル期間を短縮する方法

  • 外れ値を見つけて調査する方法

はじめる前に

ソース コード管理ツールと CI/CD ツールを接続する

Jira 管理者は、Jira を CI/CD パイプラインと統合する必要があります。これによって、Jenkins、CircleCI、Bamboo などの接続されたツールからデプロイ データを受け取れます。CI/CD 用 Jira を使用する方法の詳細をご確認ください

十分な製品デプロイ データがあることを確認する

このレポートを表示するには、CI/CD ツールのデプロイ イベントと、ソース コード管理ツールのコミット イベントが必要です。また、課題キーにブランチ名、コミット メッセージ、プル リクエストを含める必要があります。デプロイ作業で課題を参照する方法をご確認ください

プロジェクトおよび課題レベルの権限を確認する

デプロイ頻度レポートを表示するには、[開発ツールの表示] 権限が必要です。チーム管理対象プロジェクトの権限の有効化に関する詳細をご確認ください

プロジェクト管理者のみが [プロジェクト設定] から [レポート] 機能を有効化できます。

サイクル期間レポートを読み取る

サイクル期間レポートを表示するには、次の手順に従います。

  1. まだ移動していない場合は、チーム管理対象 Jira Software プロジェクトに移動します。

  2. プロジェクトのサイドバーから、[レポート] > [概要] > [サイクル期間レポート] の順に選択します。

週次比較チャートを理解する

課題タイプエピック フィルターを適用してプロジェクトのサイクル期間を絞り込み、レポートをカスタマイズします。

週次比較チャートは、デプロイ ビューからのサイクル期間インサイトのより大きなバージョンです。12 週間前と比較した 1 週間のサイクル期間の中央値を示しています。

ここでは、最初のコミットからコードがリリースされるまでの課題のサイクル期間を測定しています。課題が複数回デプロイされた場合、サイクル期間レポートは最新の課題を取り込みます。

週を選択すると、本番環境にデプロイされた課題のサイクル期間レポートが表示されます。

サイクル期間レポート

週次トレンド チャートを分析する

日付選択フィルターから時間枠を選択して、選択した週の課題データを表示します。

サイクル期間レポートでは、散布図を使用して選択した週にリリースされたすべての課題を示します。サイクル期間のトレンドと週の中央値を下回っているか超えているかを表示します。

課題をリリースする

リリース済みの課題テーブルには課題データが表示されます。このデータは、サイクル期間またはプル リクエスト (PR) レビュー時間の多い順に並べ替えられます

PR で十分な履歴データが利用可能になるまで、レビュー時間は表示されません。

外れ値を発見して調査する

サイクルタイム

週次トレンド チャートの外れ値

サイクル期間の中央値が急激に増加すると、外れ値と見なされます。課題はクローズできるかもしれませんが、サイクル期間のスパイクを見逃してはいけません。

  • 週次比較チャートを使用して、パイプラインのサイクル期間とリード タイムで発生したことを反映します。

  • 課題にドリルダウンしてボトルネックを分析し、デプロイのインサイトを取得します。

サイクル期間を短縮するさまざまな方法

  • 小規模で迅速に開始: 小さなスプリントから始めて顧客の成果を早期に上げてから、さらに多くのものを提供できます。

  • あらゆるものを自動化: 自動化ツールを使用すれば効率よく納期を守れます。自動リリースによって継続的なインテグレーションを実装して、残りの時間をコーディングに活用できます。

  • 巨大な PR の断片化: 作業項目を小さなチャンクに分割して頻繁に反復することで、チームのパフォーマンスを向上できます。また、プル リクエストのレビュー時間を大幅に短縮できます。

  • 影響を評価する: 顧客にとっての製品価値を保証して、市場分析がリリース前に影響の予測に役立つかどうかを確認します。

  • テスト駆動開発: 高品質の製品を構築する際に役立つユース ケースを網羅しながら、将来を見据えた総合的なソリューションの作成をサポートします。

最終更新日 2021年09月 1日)
次でキャッシュ 1:35 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ