Advanced Roadmaps における外部スプリントとは

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

プロジェクトまたはフィルターを課題ソースとして使用する場合は、そのスプリント割り当てはプランに引き続き表示されます。ただし、スプリント データはボードに基づいているため、Advanced RoadmapsEXTERNAL バッジを追加して、これらのスプリントがプロジェクトに直接関連付けられていないことを示して、課題のソースをフィルタリングします。

これらの外部スプリントに割り当てられた課題のスプリント値を更新できます。ただし、プラン内の新しい課題は外部スプリントに割り当てられません。

外部スプリントが作成されないようにするために、できる限りボードを課題ソースとして使用することをお勧めします。これは、ボードがスプリントに概念的に結び付けられるためです。プロジェクトやフィルターからインポートされた課題は、複数のボード (つまりはスプリント) の割り当てを含む場合があります。その場合は、タイムライン上で外部スプリントとして表示されます。

外部スプリントのトラブルシューティング

プランに外部スプリントが表示される理由は、主に 2 つあります。

  1. あなたの将来のスプリントの 1 つが別のスクラム ボードに表示されます

  2. 将来のスプリントを計画しているチームの 1 つで、異なるイテレーションの長さが設定されています

いずれかが当てはまる場合に [チーム別の課題をグループ化] と [タイムラインにキャパシティを表示] を使用すると、共通スプリントは各チームのスイムレーンで異なる時間に発生します。計画時のこの不一致に対応するために、Advanced Roadmaps では外部スプリントが自動で作成されます。これは、同じスプリントで 2 つの異なる開始日と終了日を設定できないためです。

この課題は、将来のスプリントがアクティブなスプリントになると自動的に解決されます。

 



その他のヘルプ