robotsnoindex

description課題タイプは、プロジェクトの作業を分類します。独自の課題タイプを作成したり、推奨される課題タイプをカスタマイズしたりして、チームが取り組む作業の識別、検索、およびソートに活用します。

このヘルプ ページの内容について

以降の情報は、チーム管理対象プロジェクトにのみ適用されます。

どのタイプのプロジェクトの情報を参照すべきかを確認するには、プロジェクトの左側のサイドバーの下部をご覧ください。

  • [チーム管理対象プロジェクトをご利用中です] というアイコンに加えて [フィードバックを送信] や [詳細] メニュー項目が表示される場合は、チーム管理対象プロジェクトを利用しています。

  • そうではない場合は、企業管理対象プロジェクトを利用しています。企業管理対象プロジェクトのドキュメントをご確認ください

課題タイプは独自の方法で異なる作業タイプを区別し、Jira サイト全体でチームの作業を識別、分類、および報告するのに役立ちます。これにより、チームでは作業プロセスをさらに構造化することができます。

既定では、チーム管理対象プロジェクトは、すべてのタスクにタスク (カンバン プロジェクトで開始するように選択した場合)、またはストーリー (スクラム プロジェクトで開始するように選択した場合) のラベルを付けます。

プロジェクトの課題タイプを表示するには、プロジェクトのサイドバーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。

複数の課題タイプを使用すると、チームが取り組む作業の検索および並べ替え、特定作業タイプの進捗の追跡、バグに対するチームの対応状況およびより大きなイニシアチブの完了速度の見積もりに役立ちます。

課題タイプは、利用する任意のプロジェクト管理手法に合わせてカスタマイズできます。Jira Software ではアジャイル方法論を推奨しており、アジャイルな方法で作業に取り組むためのタスクの分類に役立つ課題タイプを提供しています。 

このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。 チーム管理対象プロジェクトの ロールに関する詳細をご確認ください.

推奨される課題タイプをチーム管理対象ソフトウェア プロジェクトに追加する

課題タイプは必要なプロジェクト管理手法に合わせてカスタマイズできます。Jira Software ではアジャイル手法を推奨しており、ユーザーがアジャイルな方法で作業対象のタスクを分類しやすくなる、推奨される課題タイプを提供しています。アジャイルについておよびアジャイル ソフトウェア開発プロジェクトの運営方法の詳細をご覧ください

推奨される課題タイプを追加する方法は、次のとおりです。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. サイドバーで、[+ 課題タイプの追加] を選択します。
  3. 一覧から推奨される課題タイプを 1 つ選択します。
  4. [追加] を選択します。

最大 30 個の課題タイプを追加できます。

新しい課題タイプが、プロジェクトで使用されている他の課題タイプと共にサイド バーに表示されます。プロジェクトまたはボードで新しい課題を作成すると、課題のタイプを設定できます。

既定では、チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトには次の推奨される課題タイプが付属します。

親課題タイプ

  • エピック。アジャイル チームはエピックを使用して、タスク、バグ、ユーザー ストーリーで構成される作業を複数の大きなセクションにまとめて追跡します。Jira はこの推奨されるエピック課題タイプを使用して、ロードマップやレポートなどのチーム管理対象プロジェクトの他の機能を実現しています。これらの機能を使用するには、推奨のエピック課題タイプを使用する必要があります (また、「エピック」という名前で独自のカスタム課題タイプを作成しないようにします)。エピックの管理に関する詳細

標準課題タイプ

  • バグ。アジャイル チームはバグ課題タイプを使用して、ユーザー インターフェースの不一致、壊れた機能、ユーザー エクスペリエンスに影響するその他の細かい問題などのソフトウェアの問題を追跡します。
  • タスク。タスク課題タイプを使用して、技術的な調査、管理作業、その他のプロジェクト関連タスクなど、さまざまなタスクを分類できます。
  • ストーリー。アジャイル チームはストーリーを使用して、機能リクエストや、ユーザー目標として表現された開発作業をとらえます。

サブタスク課題タイプ

  • サブタスク。業務が想定よりも複雑になることがあります。サブタスクを使用すると、バグ、タスク、またはストーリーをより小さいタスクに分割できます。Jira は提案されたサブタスク課題タイプを使用して、ボードのスイムレーンや課題を閲覧する際の進捗の追跡など、チーム管理対象プロジェクトの他の機能を強化します。これらの機能を使用するには、推奨のサブタスク課題タイプを使用する必要があります (また、「サブタスク」という名前で独自のカスタム課題タイプを作成しないようにします)。チーム管理対象プロジェクトでは、サブタスクはバグ、タスク、ストーリーなどの標準的な課題の「子」と呼ばれます。サブタスクの管理に関する詳細

チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトでカスタム課題タイプを作成する

独自の課題タイプを作成して、プロジェクトの追跡方法や、さまざまな作業タイプを実現するために収集する情報を、カスタマイズできます。

独自の課題タイプを追加する方法は、次のとおりです。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. サイドバーで、[+ 課題タイプの追加] を選択します。
  3. [課題タイプの作成] を選択します。
  4. 課題タイプの名前、説明、およびアイコンを指定します。
  5. 作成を選択します。

最大 30 個の課題タイプを追加できます。

新しい課題タイプが、プロジェクトが使用する他の課題タイプと共にサイドバーに表示されます。プロジェクトまたはボードで新しい課題を作成すると、課題のタイプを設定できます。

現在、カスタムの "標準" 課題タイプのみ作成できます。カスタムの "親" または "サブタスク" 課題タイプを作成することはできません。

チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトで課題タイプを編集する

課題タイプの名前の変更

課題タイプの名前を編集する方法は、次のとおりです。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. サイド バーで、編集する課題タイプを選択します。
  3. 課題タイプの名前をクリックし、編集します。
  4. 変更を保存をクリックします。

Jira のすべての場所で課題タイプの名前が更新されます。

課題タイプの説明の変更

課題タイプの説明を編集する方法は、次のとおりです。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. サイド バーで、編集する課題タイプを選択します。
  3. 課題タイプの説明をクリックし、編集します。
  4. 変更を保存をクリックします。

Jira のすべての場所で課題タイプの説明が更新されます。

課題タイプのアイコンの変更

課題タイプのアイコンは、ユーザーがボードや検索結果、またはレポートに表示されたさまざまなタイプのタスクを確認し、素早く区別するのに役立ちます。

課題タイプのアバターを編集する方法は、次のとおりです。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. サイド バーで、編集する課題タイプを選択します。
  3. 課題タイプのアイコンをクリックします。
  4. カスタム イメージをアップロードするか、一覧から 1 つを選択します。
  5. [選択] をクリックします。

Jira のすべての場所で課題タイプのアイコンが更新されます。

チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトで特定の課題タイプへのアクセスを制限する

一部のタスクには、社外秘または機密情報が含まれる可能性があります。たとえば、ソフトウェア チームが業務を遂行するために、個人を特定可能な情報 (PII) や機密の財務情報にアクセスする必要が発生することがあります。このタイプの社外秘または機密業務を見積もり、優先付け、および追跡するための課題タイプをかんたんに作成できます。このタイプの作業を表示できるユーザーをプロジェクトの特定のロールに制限できます。

新しく作成される課題を制限するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。

  2. From the project’s sidebar, select プロジェクト設定 > 課題タイプ.

  3. サイドバーで、アクセスを制限したい課題タイプを選択します。

  4. 課題タイプの右上にある鍵のアイコンを選択します。

  5. ドロップダウンから、新しい課題を既定で表示できるロールを選択します。

  6. 次のように選択します。 Restrict.

新しく作成された課題は、ここで指名したロールに制限されます。過去に作成された課題は影響を受けません。

すべての課題を制限権限を持つロールは、課題の表示中にその課題の制限を変更できます。ロールと権限の詳細についてはこちらを参照してください

課題の制限が関連付けられているカスタム ロールを削除すると、そのロールは課題にアクセスできなくなります。例えば、カスタム ロール "開発者" があり、課題がそのロールのみに制限されている場合、ロールを削除すると課題にアクセスできなくなります。"開発者" を含む一連のロールに課題が制限されている場合、"開発者" ロールを削除しても他のロールからその課題にアクセスできます。

チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトから課題タイプを削除する

課題タイプを削除する方法は、次のとおりです。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。
  2. サイドバーで、削除する課題タイプを選択します。
  3. [] > [課題タイプの削除] を選択します。

そのタイプを使用している課題がある場合、警告が表示されます。データの破損を防ぐため、このような課題のタイプを、プロジェクトで使用するものに変更する必要があります。この操作が必要な場合、Jira の説明に従って対象の課題を更新することができます。