Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

課題のフラグ立て

課題が重要だということを示すために、フラグを立てることができます。フラグの付いた課題のカードは、スクラム バックログ、スクラム ボードのアクティブなスプリントカンバン バックログ (有効化されている場合されている場合) およびカンバン ボードでは黄色で表示され、優先度アイコンは、「フラグ」アイコンに置き換えられます。

Jira Software プロジェクトのバックログに強調表示されているフラグ付きの課題。

課題にフラグを付けるまたはフラグを解除する

  1. ボードまたはバックログに移動します。

  2. 課題を選択して [] > [フラグを追加] の順にクリックします。

フラグを課題に追加したり、課題からフラグを削除したりする場合にコメントも追加できます。コメントの追加はフラグの追加または削除の理由を示すために利用できます。

フラグが設定された課題は、プロジェクトのすべてのメンバーに表示されます。

フラグ付きの課題を検索する

課題のフラグは「Flagged」という名前のカスタム チェックボックス フィールドに保存されます。このフィールドは、Impediment という 1 つの値のみを持ちます。JQL クエリ「Flagged = Impediment」を使用して、フラグ付きの課題を検索できます。

その他のヘルプ