Advanced Roadmaps で権限を設定する

初期設定では、グローバル権限で定義される Jira Software 管理者およびシステム管理者アクセス権を持つユーザーは、Advanced Roadmaps 管理者アクセス権も持ちます。

ただし、Advanced Roadmaps には独自の権限モデルもあり、プランごとに個々のユーザーにアクセス権を付与できます。これらの権限は個々のプランにのみ適用されて、すべてのグローバル設定は上書きされます。

Advanced Roadmaps 内でプランの権限を管理するには、次の手順に従います。

  1. [ロードマップ] ビューから、 を使用して [設定] に移動し、プラン名の横にある [構成] をクリックします。

  2. 左側のサイドバーで [権限] に移動します。個々のユーザーまたはグループに表示および編集権限を付与したり、すべての Advanced Roadmaps ユーザーに表示したりできます。

Advanced Roadmaps における権限タイプ

Advanced Roadmaps 管理者

この権限を持つユーザーは、プライベート 計画へのアクセスを含む Advanced Roadmaps のすべての管理機能を実行できます。初期設定では、Advanced Roadmaps では Jira Software 管理者は自動で管理者になります。

Advanced Roadmaps ユーザー

この権限を持つユーザーは、プランを作成してアクセス権のあるプランを表示できます。アクセスできるプランについては、課題ソースを編集したり、プラン内の課題を編集したり、編集した課題の詳細を Jira Software に保存したりできます。

Advanced Roadmaps 閲覧者

この権限を持つユーザーは、読み取り専用モードでプランを参照して表示できます。また、Jira Software では、課題の親リンク、チーム、目標日を更新できます。

Advanced Roadmaps ラボへのアクセス

この権限を持つユーザーは、Labs モードの Advanced Roadmaps の機能にアクセスして使用できます。Labs モードの機能が有効になっている場合、ユーザーはまだ作業中の新機能に早期にアクセスできます。

Advanced Roadmaps 共有チーム管理

この権限を持つユーザーは、グローバル チーム管理にアクセスしてプラン全体で共有されているチームを編集できます。

最終更新日 2021年08月16日)
次でキャッシュ 1:35 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ