Advanced Roadmaps の権限の種類

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

Advanced Roadmaps には、Jira Software の他の部分で見られるものとは別の権限モデルがあります。ただし、管理者は Jira Software グローバル権限に基づいて、Advanced Roadmaps の権限をユーザーに自動で付与できます。Jira Software 権限に基づいて Advanced Roadmaps 権限を変更する方法を説明します

プランのアクセシビリティ設定を変更するには、グローバル Jira Software 権限である GLOBAL_BROWSE_USERS 権限が必要です。Jira Software のグローバル権限に関する詳細についてご確認ください。

Advanced Roadmaps のアクセス レベルは次のとおりです。

  • Advanced Roadmaps 管理者

  • Advanced Roadmaps 共有チーム管理

  • Advanced Roadmaps ユーザー

  • Advanced Roadmaps 閲覧者

個々のユーザーまたはユーザー グループに基づいて、プランを表示できるユーザーを制限する方法を説明します

Advanced Roadmaps 管理者

この権限を持つユーザーは、プライベート計画へのアクセスを含む Advanced Roadmaps のすべての管理機能を実行できます。

初期設定では、Jira Software 管理者には Advanced Roadmaps 管理者アクセス権が自動で付与されます。

Advanced Roadmaps 共有チーム管理

この権限を持つユーザーは、グローバル チーム管理にアクセスしてプラン全体で共有されているチームを編集できます。

Advanced Roadmaps ユーザー

この権限を持つユーザーは、プランを作成してアクセス権のあるプランを表示できます。アクセスできるプランについては、課題ソースを編集、プランの課題を編集、編集した課題の詳細を Jira Software に保存できます。これは、チームを画像 (.csv)、または組み込み要素として共有するのに必要な、最低限の許可レベルです。

Advanced Roadmaps 閲覧者

この権限を持つユーザーは、読み取り専用モードでプランを参照して表示できます。プランを画像 (.csv) に、または組み込み要素としてエクスポートするアクセス権がありません。また、Jira Software では、課題のアップデート親リンク、チーム、目標日を更新できます。

その他のヘルプ