該当する計画の権限の種類

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

Jira に含まれているプロジェクトのタイムラインについては、ドキュメンテーションにセクションが別途用意されています。Jira のプロジェクト タイムラインに関するドキュメンテーションはこちらからご確認ください。。

 

計画には、Jira の他の部分で見られるものとは別の権限モデルがあります。ただし、管理者は Jira のグローバル権限に基づいて、計画の権限をユーザーに自動で付与できます。Jira の権限に基づいて、該当する計画の権限を変更する方法についてはこちらをご確認ください。

計画のアクセシビリティ設定を変更するには、グローバル Jira 権限である GLOBAL_BROWSE_USERS 権限が必要です。Jira のグローバル権限の詳細についてはこちらをご確認ください。

 

計画のアクセス レベルは次のとおりです。

  • 計画機能管理者

  • 計画機能共有チーム管理

  • 計画機能ユーザー

  • 計画機能ビューアー

計画内の課題を編集するには、ユーザーにプロジェクト権限も必要です。

ユーザー単位またはユーザー グループ単位で計画を表示できるユーザーを制限する方法についてはこちらをご確認ください。

計画機能管理者

この権限を持つユーザーは、非公開の計画へのアクセスを含む計画機能のすべての管理機能を実行できます。

既定では、Jira 管理者には計画機能の管理者アクセス権が自動で付与されます。

Shared Team Management

この権限を持つユーザーは、グローバル チーム管理にアクセスして計画全体で共有されているチームを編集できます。この権限は、新しい Teams プラットフォームの導入により不要になりました。この変更の詳細についてはこちらをご確認ください。

計画機能ユーザー

この権限を持つユーザーは、計画を作成したり、アクセス権のある計画を表示したりできます。アクセスできる計画については、課題ソースの編集、計画内の課題の編集も実行できます。さらに、編集した課題の詳細を Jira に保存できます。これは、計画を画像 (.csv)、または組み込み要素として共有するために必要となる最低限の権限レベルです。

ユーザーにプランのユーザー権限はあるけれども、プランに含まれるプロジェクトを編集する権限がない場合があります。この場合、ユーザーは [変更を確認] ボタンを使用して変更を保存できません。

計画機能ビューアー

この権限を持つユーザーは、読み取り専用モードでプランを閲覧および表示できますが、プランの詳細はアップデートまたは変更できません。また、アクセスしてプランを画像、.csv、または組み込み要素としてエクスポートすることもできません。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。