Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

プランで課題ソースを追加または変更する

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

正確なプランを作成して維持するためには、まず Jira Software のどこに課題があるかを Advanced Roadmaps に伝える必要があります。Advanced Roadmaps では、これを課題ソースと呼んでいます。

課題ソースは新しいプランの作成時に最初に定義されますが、プランの作成後に別の課題ソースを変更または追加できます。

プランの課題ソースを追加または変更するには、次の手順に従います。

  1. [ロードマップ] ビューから、 を使用して [設定] に移動し、プラン名の横にある [構成] をクリックします。

  2. [課題ソース] を選択します。プランの課題のソースとして、プロジェクトボード、またはフィルターを選択できます。新しい課題ソースを既存のプランに追加する場合にキャパシティ プランニングを使用するには、チームと課題ソースを手動で関連付ける必要があります。チームと課題ソースと関連付ける方法をご確認ください

フィルターを検索すると、次のようになります。

  • Advanced Roadmaps には、クエリを含むすべての結果が表示されます。特定の語句を検索するには、クエリを引用符で囲みます。

  • 複数のフィルターを含めるには、検索クエリの間に+を追加します。

プランに追加したら、除外ルールを設定して課題を特定の基準に基づいて削除できます。除外ルールとその設定方法に関する詳細についてご確認ください。

Advanced Roadmaps のキャパシティ計画の機能を使用する予定がある場合は、ボードを課題ソースとして使用することをお勧めします。ボードには、チームに割り当てたすべての作業とバックログが含まれており、ワークロードの全体像が示されます。そのチームにおける今後のスプリントを計画する際に、Advanced Roadmaps は事前に割り当てられた作業を考慮して利用可能なキャパシティを超えないようにします。

その他のヘルプ