プランで課題ソースを追加または変更する

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

 

チーム管理対象プロジェクトの課題を計画に含められるようになりました。

アトラシアンではチーム管理対象プロジェクトのサポート範囲を拡大しています。 利用できる機能の詳細をドキュメントでご確認ください

チーム管理対象プロジェクトのサポートに関する改善点がリリースされ次第、機能リクエスト チケットに最新情報を掲載します。機能リクエスト チケットをご覧ください

 

正確な計画を作成して維持するためには、まず計画 に、Jira のどこに課題があるかを伝える 必要があります。計画 では、これを課題ソースと呼びます。

課題ソースは新しい計画の作成時に最初に定義されますが、計画の作成後に別の課題ソースを変更または追加できます。

プランの課題ソースを追加または変更するには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションで [プラン設定] を選択します。

  2. [課題ソース] を選択します。計画の課題のソースとして、プロジェクトボード、またはフィルターを選択できます。新しい課題ソースを既存の計画に追加する場合にキャパシティ プランニングを使用するには、チームと課題ソースを手動で関連付ける必要があります。チームと課題ソースを関連付ける方法についてはこちらをご確認ください。

フィルターを検索すると、次のようになります。

  • 該当する計画は、クエリを含むすべての結果を表示します。特定の語句を検索するには、クエリを引用符で囲みます。

  • 複数のフィルターを含めるには、検索クエリの間に+を追加します。

計画に追加したら、除外ルールを設定して課題を特定の基準に基づいて削除できます。 除外ルールとその設定方法に関する詳細をご確認ください

To use the capacity planning feature, you’ll need to use boards as the issue sources in your plan. A board includes all of the work assigned to a team as well as their backlog to give you a complete picture of their workload. As you plan future sprints for that team, your plan takes that pre-assigned work into account and prevents you from exceeding their available capacity.

See what else you need to do to enable capacity planning.

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。