累積フロー図を確認して理解する

このページは 企業管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に、[チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されている場合は、チーム管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

累積フロー図は、課題のステータスを時系列で示したものです。紫 = 完了、緑 = 進行中、オレンジ = 作業前です。

累積フロー図 (CFD) は、アプリケーション、バージョン、またはスプリントについて、作業項目の各種ステータスを表示する面グラフです。CFD の横軸 (x 軸) は時間を、縦軸 (y 軸) はカード (課題) を示します。図のそれぞれの着色領域は、ワークフローのステータス(ボードの列)に相当します。

CFD はボトルネックの特定に役立ちます。時間経過とともに縦に拡大している領域がチャートに含まれている場合、拡大している領域に相当する列は、一般的にボトルネックとなります。

累積フロー図の表示

  1. ボードが含まれているプロジェクトへ移動し、ボード メニューから自分のボードを選択します。

  2. [レポート] をクリックしてから、[累積フロー図] を選択します。

    • レポートに表示されているデータを絞り込むには、[レポートをさらに絞り込む] をクリックしてから、目的のフィルターを選択します。

    • 異なる時間帯を設定したい場合、図の上部にある日付レンジのドロップダウンをクリックしてください。

    • 別の日付の範囲を選択するには、チャートの下部の "概要" 内をカーソルでドラッグします。

累積フロー図を理解する

CFD の使用を開始する前に、どのように動作するかを知っておく必要があります。次の情報は CFD の主要な機能の理解に役立ちます。

  • CFD はボード固有です。つまり、ボードに保存されたフィルターにマッチした課題しか含むことができません。

  • CFD は、ボードの列マッピングに基づいています。課題がボードの一番左の列にあるとき、その課題は「作業前」とみなされます。同様に、課題がボードの一番右の列にあるとき、その課題は「完了」とみなされます。詳しくは 列を設定する を参照してください。

  • ボードの各列をいくつの課題が通過したかを追跡し、他の列よりも累積課題数が多い列はどれかを確認するのに役立ちます。 

例: 

  1. 5 つの課題があるスプリントを開始すると、すべての課題は To Do 列から開始します。CFD を確認すると、To Do に 5 個の課題、進行中に 0 個の課題、および完了に 0 個の課題が表示されます。 

  2. 次に、2 つの課題を進行中に動かすと、CFD では 5 個の課題が To Do (5 個がその列を通過したため)、2 個の課題が進行中、0 個の課題が完了と表示されます。 

  3. 次に、1 個の課題を進行中から完了に動かすと、CFD には To Do = 5、進行中 = 2、および完了 = 1 と表示されます。 

  4. 完了から課題を 1 個取り出して To Do に戻すと、CFD は完了進行中から 1 個ずつ削除します。ただし、新着の課題はないため、To Do の課題数は変更しません。そのため、CFD には To Do = 5、進行中 = 1、完了 = 0 と表示されます。

 

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2020 年 7 月 7 日
次でキャッシュ 12:29 AM on Oct 18, 2021 |

その他のヘルプ