Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Advanced Roadmaps で課題を作成する

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

Advanced Roadmaps はサンドボックス環境です。つまり、プランに加えた変更は Jira Software の課題にコミットして戻すことを選択するまではコミットされません。

変更を保存する方法については「Advanced Roadmaps で変更を確認して保存する」セクションをご確認ください。

Advanced Roadmaps で計画に新しい課題を追加するには、次の手順に従います。

  1. 計画内の課題を [なし]、[担当者]、[プロジェクト]、[チーム]、[リリース]、または [スプリント] 別にグループ化します。

  2. 次のいずれかを実行します。

    1. [スコープ] 列の上にある [+ 課題を作成] に移動するか、

    2. タイムラインで、目的の課題にカーソルを合わせて、メニュー、[[タスク タイプ] を作成] の順に選択します。

  3. 作成する課題のタイプを選択します。計画に複数のプロジェクトが含まれている場合は、ドロップダウンを使用して新しい課題を割り当てるプロジェクトを選択します。

  4. 新しい課題に名前を付けて、チェックマークを使用して保存します。

計画に関連付けられていない外部スプリントやプロジェクトに課題は追加できません。

[+ 課題の作成] ボタンを使用して課題を作成した場合、Advanced Roadmaps は新しい課題を現在のプロジェクトの下部に配置します。子レベルの課題 (ストーリーやサブタスクなど) を作成した場合は、親タスクにリンクされるまではタイムラインの下部にある折りたためる親見出しのない x 課題に表示されます。

を使用して子課題を作成すると、親チケットの下にネストされてスプリントリリースチームの各値が継承されます。



その他のヘルプ