チーム管理対象累積フロー図を理解する

このページは チーム管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトをご利用中です] とある場合は、企業管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

累積フロー図は、プロジェクトの課題のさまざまなステータスを時系列で示したものです。ボードの各列を通した課題の数を視覚的に表示します。これは、他よりも多くの課題が累積されいる列を確認し、チームのワークフローのボトルネックを特定するのに役立ちます。

ダイアグラムの読み方

課題ステータスのチャート。紫 = 作業前、シアン = 進行中、青 = 確認中、黄 = リリース中、緑 = 完了
  • 横軸は時間を表し、縦軸は課題を表します。 

  • 図のそれぞれの着色された領域は、ボードの列に相当します。

  • 各ドットは課題のトランジション 1 件を表します。たとえば、課題の作成に伴う "To Do" へのトランジションや、あるステータスから別のステータスへ ("To Do" から "進行中" へなど) のトランジションが挙げられます。

  • 時間の経過とともに縦に拡大している領域が図に含まれている場合、拡大している領域に相当する列は、一般的にボトルネックとなります。

  • 例: 

    1. 5 つの課題があるスプリントを開始すると、すべての課題は To Do 列から開始します。図を見ると、To Do に 5 個の課題、進行中に 0 個の課題、完了に 0 個の課題が表示されます。 

    2. 次に、2 つの課題を進行中に移動すると、図には (5 つの課題がその列を通過したため) 5 つの課題が To Do に、2 つの課題が進行中と表示されます。完了と表示される課題は 0 です。 

    3. 次に、1 つの課題を進行中から完了に移動させると、図には To Do = 5、進行中 = 2、完了 = 1 と表示されます。 

    4. "完了" から課題を 1 つ取り出して "To Do" に戻すと、ダイアグラムは "完了" と "進行中" から 1 つずつ削除します。ただし、新着の課題はないため、"To Do" の課題数は変更しません。そのため、ダイアグラムには "To Do" = 5、"進行中" = 1、"完了" = 0 と表示されます。

その他の注意事項

  • 累積フロー図はボードの列のマッピングに基づきます。課題がボードの左端の列にあれば、その課題は作業前とみなされます。同様に、ボードの右端の列にあれば完了とみなされ、完了ステータスがその列に関連付けられます。

  • ダイアグラムには、プロジェクトの全期間のデータが表示されます。チームが複数のスプリントで作業する場合、トップの日付フィルターを使用して、1 つのスプリントの課題のみを表示すると便利なことがあります。

  • プロジェクトがバックログを "有効" にしている場合、そのバックログで作成された課題は "To Do" トランジションとしてダイアグラムに表示されます。

  • 常に増加する "完了" 課題の帯を除き、図の値が均等に増やされるのが理想的です。 

累積フロー図からわかること

ダイアグラムでは、次のようなチームの主要なメトリックが視覚的に表示されます。

  • サイクル期間: 課題が "進行中" ステータスを終え、リリースの準備が整うのにかかる時間

  • 進捗中の作業: ある任意の時点で活発に取り組まれている課題の件数 

ボードに表示される進捗中の作業の数は制限できます。制限する列の名前にマウスのカーソルを合わせ、[その他] ([()]) > [列の上限を設定] を選択します。

  • 範囲: スクラム チームの場合、図を使用すると、任意のスプリントでコミットされた作業の量を視覚化できます。

詳細

アジャイル チームのモニタリングに役立つ指標について詳しくは、アジャイル コーチのサイトをご覧ください

最終更新日 2021年04月 6日)
次でキャッシュ 9:00 PM on Aug 3, 2021 |

その他のヘルプ

コミュニティに質問