バージョンを作成する

バージョンは、それぞれの時点におけるプロジェクトの状態を表します。顧客に機能を公開する予定の設定や、プロジェクトで完了した作業の整理に使用できます。

はじめる前に

  • プロジェクトでリリース機能を必ず有効にしてください。リリースとバージョンの有効化についてはこちらをご確認ください。

  • バージョンの作成と関連作業項目の追加にはプロジェクト管理者権限が必要です。

リリースを有効にする

In Jira, you create versions using the releases feature. If the releases feature isn’t enabled in your project yet, you can turn it on.

機能を有効化するには、プロジェクト管理者権限が必要です。

リリース機能を有効化するには、次の手順に従います。

  1. [プロジェクト設定] に移動し、[機能] を選択します。

  2. [リリース] をオンに切り替えます。

バージョンを作成する

バージョンを作成するには、プロジェクト管理者権限が必要です。

  1. プロジェクトのサイドバーで [リリース] を選択します。

  2. [バージョンを作成] を選択します。

バージョンを作成すると、次を入力できます。

  • 名前: チームメイトがバージョンを認識しやすい名前を選択します。

  • 開始日: バージョンの作業を開始する日付。

  • リリース日: バージョンのリリース予定日。

  • 説明: そのバージョンでリリースを予定している内容の詳細。

  • ドライバー: 管理者権限を持つチーム内のユーザーであり、リリースを最初から最後まで調整する責任を担います (初期設定では、バージョンの作成者です)。

リッチ テキスト付きのカスタム セクションを追加する

テキストのカスタム セクションを追加するには、課題を解決および編集する権限が必要です。プロジェクト権限の管理方法

独自のテキストのセクションを追加して、リリースをカスタマイズします。リッチ テキスト、リスト、ハイパーリンク、日付、絵文字を表示できます。また、テキストを太字、斜体、色でフォーマットできます。

リリースにリッチ テキストを追加する方法

  1. プロジェクトのサイドバーで [リリース] を選択します。

  2. 一覧からリリースを選択します。

  3. [このセクションに名前を付ける] を選択し、見出しを入力します。

  4. [ここにテキストを追加...] を選択して、本文を入力します。

関連する作業を追加するには、課題を解決および編集する権限が必要です。プロジェクト権限の管理方法

チーム メンバーや関係者が簡単に見つけられるように、関連する作業をバージョンに追加してください。これには、リリース ノート、分析ダッシュボード、デザイン、サポート ドキュメントなどが含まれます。

自分のバージョンに関連する作業を追加する方法。

  1. プロジェクトのサイドバーから [リリース] を選択してから自分のバージョンを選択します。

  2. [関連作業] セクションで [追加…] を選択します。

  3. 関連する作品の URL、説明、あるいはその両方を入力してください。

  4. カテゴリを選択し、[保存] を選択します。

関連する作業を追加したら、項目の横にあるメニュー アイコン () を選択し、[編集] を選択して更新するか、[削除] を選択して削除します。

関連する作業項目がまだ準備されていない場合は、プレースホルダーを作成して、後で作業が利用可能になったときに URL を追加できます。

リリースのためにあるアイテムに関して他のユーザーに作業してもらう必要がある場合は、課題を関連作業にリンクして、そのユーザーに割り当てます。新しい課題をリンクするには、関連する作業項目にカーソルを合わせて [課題を作成] を選択するか、[課題をリンク] を選択して既存の課題をリンクします。

バージョンに承認者を追加する

承認者として追加することで、適切なチーム メンバーがリリースを承認できます。承認者はリリースを承認または却下し、却下の理由を追加できるため、チーム メンバーは何を変更する必要があるかがわかります。

  1. プロジェクトのサイドバーで [リリース] を選択します。

  2. 一覧からリリースを選択します。

  3. [承認者] セクションで、[承認者を追加] () を選択します。

  4. プロジェクト メンバーのリストから承認者を選択し、必要に応じて、承認対象を伝えるための説明を追加します。

その他のヘルプ