計画で単一プロジェクトのリリースを作成する

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

Jira に含まれているプロジェクトのタイムラインについては、ドキュメンテーションにセクションが別途用意されています。Jira のプロジェクト タイムラインに関するドキュメンテーションはこちらからご確認ください。。

 

単一プロジェクト リリースを作成するには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションから [リリース] を選択してから、リリースを追加するプロジェクトに対応した [リリースを作成] を選択します。プロジェクトでリリースを必ず有効にしてください。リリース ビューに移動する方法をご確認ください。

  2. リリースに名前と説明を追加します。次に、[開始日] と [リリース日] を追加します。

  3. リリースの準備ができたら [作成] を選択します。

計画機能はサンドボックス環境です。つまり、ここで実行した変更は、Jira の課題にコミットし直すことを選択するまでコミットされません。

計画内で変更を保存する方法をご確認ください。

リリース開始日のオプション:

できるだけ早く - リリース内の課題に取り組むチームがあるとすぐにリリースが開始されます。これは、ほとんどの場合、自動スケジュールの課題にのみ使用されます。

固定日 - 日付を設定します。

前のリリース日と関連付ける - 前のリリースが終了して一定時間たった後に新しいリリースを自動でトリガーします。たとえば、ベータ リリースについてはアルファ リリースの作業が完了してから 1 日後に作業するものとします。

リリース終了日のオプション:

すべての課題が完了した後 - リリース日は柔軟です。プランには表示されません。

固定日 - リリースはこの選択した日付に発生して、キャパシティとベロシティの設定を上書きします。キャパシティが不足しているリリースでは、タイムライン上のリリース アイコンが赤に変わります。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。