タイムラインからリリースを追跡する

プランにリリースを追加すると、Advanced Roadmaps によってタイムラインの上部にアイコンが追加されます。緑のアイコンはリリースがスケジュールどおりであることを、赤のアイコンはリリースがスケジュールどおりに進んでいないことを示します。スプリントの日付に従って作業が予定されている課題を含むリリースは、リリース日の後にスプリントが終了するとスケジュールから外れているものとして表示されます。一度に複数のリリースを実行している場合は、Advanced Roadmaps のアイコンの上に数字が表示されます。

タイムラインの上にあるリリース アイコンを選択すると、そのリリースの簡単な概要が表示されます。ウィンドウの上部にある左矢印または右矢印を使用すると、リリース間をすばやくジャンプできます。

このウィンドウでは、次の項目も選択できます。

  • [タイムラインでハイライト] チェックボックスを選択すると、タイムラインに赤または緑の線が表示されます。

  • このリリースに含まれる課題でフィルターするか

  • Jira で表示

プロジェクトのリリース名、日付、情報を表示するカードであるリリース ダイアログを表示するタイムライン ビュー

プロジェクト横断型リリースを追跡する

タイムライン ビューでは、Advanced Roadmaps はプロジェクト横断型リリースを単一プロジェクト リリースと同様に扱います。ただし、Advanced Roadmaps がタイムラインにプロジェクト横断型リリースを表示する際は、その上に常に数字が表示されます。これは、その日に予定されているリリースについて、Advanced Roadmaps がプロジェクト横断型リリースと最終の単一プロジェクト リリースの 2 つと認識するためです。

このため、リリース アイコンを選択してポップアップ ウィンドウを開くと、プロジェクト横断型リリースと単一プロジェクト リリースの両方が表示されます。

Jira Software Cloud 用 Advanced Roadmaps によるプロジェクト横断型リリースの表示

 

最終更新日 2021年09月 6日)
次でキャッシュ 1:36 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ