Opsgenie とプロジェクトをリンクする

このページは 企業管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に、[チーム管理対象プロジェクトを利用中です] が表示されている場合は、チーム管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

オンコール機能は、Opsgenie で作成されたすべてのオンコール ローテーションをチームで追跡するのに役立ちます。Opsgenie でチームをセットアップして、Jira Software プロジェクトに接続します。これによって、チームは Opsgenie にアクセスしなくても、すべてのオンコール スケジュールに簡単にアクセスできます。

プロジェクトのオンコール スケジュールを有効にする

プロジェクト管理者のみがプロジェクトの機能を有効または無効にできます。

  1. 企業管理対象ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. [プロジェクト設定] > [機能] に移動します。

  3. オンコール機能を有効にします。

[オンコール] という新しいメニュー項目がプロジェクト メニューに追加されます。

機能トグルの横に [構成] ボタンが表示されます。また、このボタンを使用して、プロジェクトを Opsgenie チームに接続できます。

プロジェクトのオンコール スケジュールを設定する

1. Opsgenie にサインアップしてチームを作成する

Jira サイト管理者は Opsgenie トライアルにサインアップして、他のユーザーからのリクエストを承認できます。

プロジェクトのオンコール スケジュールの作成を開始するには、Opsgenie にサインアップする必要があります。Jira Software プロジェクトからトライアルにサインアップできます。

  1. Jira Software プロジェクトに移動します。

  2. プロジェクト メニューで [オンコール] を選択します。

  3. オンコール ページでは、Opsgenie トライアルをセットアップするように求められます。

  4. Opsgenie で [チーム] > [チームを追加] の順に移動します。Opsgenie がデフォルトのオンコール スケジュールを作成します。

  5. このオンコール スケジュールでは、ルーティング ルール、エスカレーション、スケジュールの追加やアップデートを行えます。

  6. [ビューを保存] をクリックします。

2. プロジェクトを Opsgenie チームに接続する

プロジェクト管理者だけがプロジェクトを Opsgenie チームに接続できます。

Jira Software クラウドと Opsgenie を接続することで、情報を共有できるようになります。

Jira Software で Opsgenie チームを接続するには、次の手順に従います。

  1. [プロジェクト設定] > [Opsgenie] の順に移動します。

  2. Opsgenie チームを選択します。

  3. 保存をクリックします。

3. オンコール スケジュールを表示して理解する

オンコール機能を有効にすると、次の操作を実行できます。

  • 特定の時間枠でコール中のチーム メンバーのローテーションを表示します。

  • [Opsgenie で表示] リンクを使用して、オンコール スケジュールをアップデートします。チーム スケジュールの設定に関する詳細をご確認ください。

プロジェクト管理者は、[その他のオプション] (•••) メニューから、または [プロジェクト設定] > [Opsgenie] > [Connected Opsgenie Team (接続済みの Opsgenie チーム)] の順に移動して、接続済みの Opsgenie チームを変更できます。

4. スプリント レポートのアラートを有効にする

また、スプリント レポートでアラートを表示できます。

プロジェクト管理者だけがプロジェクトのアラートを有効にできます。

Jira Software でアラートを有効にするには、次の手順に従います。

  1. [プロジェクト設定] > [Opsgenie] > [スプリント レポートにアラートを表示] の順に移動します。

  2. プロジェクトのアラートを有効にします。スプリント レポートの表示と内容に関する詳細をご確認ください

 

最終更新日 2021年08月17日)
次でキャッシュ 2:33 AM on Oct 19, 2021 |

その他のヘルプ