Advanced Roadmaps でカスタム日付を使用する

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

初期設定では、Advanced Roadmaps は課題をスケジュールする際に期限を使用します。計画内でカスタム日付を使用するには、課題ソースに関連付けられているプロジェクトのスキームに、カスタム日付フィールドを追加する必要があります。Jira の Advanced Roadmaps でカスタム フィールドを設定する方法をご確認ください。

設定が完了したら、Advanced Roadmaps でカスタム日付を選択できます。

Advanced Roadmaps がプランで使用する日付を変更するには、次の手順に従います。

  1. [ロードマップ] ビューから、 を使用して [設定] に移動し、プラン名の横にある [構成] をクリックします。

  2. [日付] セクションの [スケジュール作成] タブで、ドロップダウン メニューから課題の開始日と終了日として使用する日付を選択します。すでに設定したカスタム日付は、識別しやすいように対応する ID と併せて表示されます。

タイムラインでは、カスタム日付は [日付] 列にバッジ D でマークされます。日付の横に S または R がある場合、プランはスプリントとリリースの各割り当てに基づいて日付を推測します。詳細については「リリースに従って課題をスケジュール」ページと「スプリントに従って課題をスケジュール」ページをご確認ください。

その他のヘルプ