Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Jira Software Cloud でインサイトを表示する

インサイトは最新のブラウザ機能を使用します。現在サポートされているブラウザをご確認ください。

このデータ駆動の機能を使用すると、既存のプロセスの順応、より良い結論の導出、および自信を持った計画を行えるようになります。

現在、インサイトは、企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクト (以前のクラシックと次世代) の両方のスクラム指標で利用できます。スクラム指標の詳細をご確認ください

右側のパネルにインサイトを表示する企業管理対象ボードのスクリーンショット

インサイトのボタンはボードバックログデプロイの各ビューに用意されているため、作業を計画したり進めたりしながら簡単に参照できます。

企業管理対象プロジェクトまたはチーム管理対象プロジェクトでデプロイを有効にする方法をご確認ください

Jira Software に導入されたばかりのインサイトを、今後さらに進化する予定です。現在は次が用意されていて、ビューごとに異なる指標を利用できます。

特定のセクションに注釈が付けられたバックログのインサイト パネルのスクリーンショット。
  1. インサイト メニュー: ドロップダウンの矢印またはスプリント スイッチャーを使用して、将来のスプリントに関連するインサイトを表示します。ヘルプ アイコンを選択すると、定義、メリット、用途など、インサイトに関する詳細情報をすばやく検索できます。データを更新するには、丸い矢印のアイコンを選択してください。

  2. Insight: 各インサイトは独自のカードに分かれています。Insight には、指標に関連する視覚表示と吹き出しが含まれます。

  3. フィードバック カード: 自身とチームがこの機能を最大限に活用できるよう、インサイトに関するフィードバックを提供します。

詳細

Jira Service Management には、アセット管理と設定のニーズをサポートするための Insight もあります。詳細をご確認ください。

その他のヘルプ