デプロイの日付範囲の指定

事前定義されたカスタムの日付範囲フィルターを使用すると、デプロイ ビューに異なる期間を設定できます。日付範囲フィルターを選択または作成すると、特定の期間のデプロイ データの抽出、可視化に役立ちます。

日付範囲はデプロイ タイムラインとインサイトに影響します。

事前定義された日付範囲フィルター

[デプロイ] ビューで、カレンダー アイコン () をクリックし、日付範囲フィルターを有効にします。

日付

事前定義されたフィルターのリストから日付範囲を選択できます。あるいは、選択した日付範囲のショートカット キーを使用します。

キーボード ショートカット キー

日付範囲

W

過去 2 週間

m

前月

q

前四半期

これからは

前年

2020 年 4 月より前のデータはありません。

カスタム日付範囲フィルター

特定の期間のデータを表示するために日付範囲をカスタマイズできます。カレンダーで開始日と終了日を選択して、[確認] をクリックします。

日付

確認すると、カスタム日付範囲がデプロイ ビューで有効になります。

2020 年 4 月以降の日付範囲を選択します。開始日と終了日は同じ日を選択しないようにしてください。

カレンダーを使用する代わりに、「YYYY-MM-DD」形式で日付範囲を入力することもできます。

 

最終更新日 2021年02月 8日)
次でキャッシュ 10:21 PM on Jun 11, 2021 |

その他のヘルプ

コミュニティに質問