インポート用の CSV ファイルを準備する

コンマ区切り(CSV)ファイルは、表形式データを表すテキスト ファイルで、スプレッドシートやデータベースなどの表形式データを処理するほとんどのシステムでサポートされています。CSV ファイルの構造は、Microsoft Excel の既定の CSV 形式に基づいて作成できます。

Jira にインポート可能な CSV ファイルを作成する場合、すべてのフィールドがコンマで区切られていることと、すべてのコンテンツ (コンマと改行を含む) が引用符で囲まれていることをご確認ください。特定のファイル要件とデータ構造の詳細をご確認ください。

CSV を作成するためのヒント

ヘッダー行に要約フィールドを含める

ファイルをインポートする場合は、要約フィールドは常に必須です。課題の概要が含まれています。

要約フィールドは課題の簡単な説明で、課題がどのようなものかを手短に説明するために使用します。これは通常、課題を閲覧するときに最初に目にする情報です。フィールドは簡潔でわかりやすく、課題の本質を理解するのに十分な情報を提供する必要があります。

CSV インポーターは、CSV ファイルの見出し行を使用して、ファイルの 2 行目以降のデータを Jira のフィールドにマッピングする方法を決定します。

親とサブタスクを含むデータをインポートする場合、インスタンスの構成によってはその他のフィールドも必要になることがあります。課題とサブタスクの作成に関する詳細をご確認ください。

課題にユーザーを割り当てる

CSV ファイルにユーザーを担当者、報告者、または作成者などとして追加する際は、メール アドレスをご使用ください。これは、作成されたプロジェクトや課題にそれらのユーザーをマッピングするのに役立ちます。Jira フィールドへの CSV データのインポートに関する詳細をご確認ください

CSV ファイルのユーザー フィールドにメール アドレスが含まれていない場合は、インポート中にメール アドレスを関連するユーザー ID に手動で追加できます。

ヘッダー行に句読点を含めない

インポートが正しく行われるよう、見出し行には句読点を含めないでください (各列を区切るコンマは除く)。

課題の説明やコメントでユーザーにメンションする

課題の説明やコメントのフィールドでメンションを使用するには、データ内のユーザー メンションをメールベースのメンション形式「~email: user@example.com」に置き換えてください。
インポート後、メンションは指定のメール アドレスに関連付けられているユーザーにリンクされます。

CSV ファイルを構成するためのヒント

特殊文字を文字どおりに扱う

テキスト部分を二重引用符 (") で囲むと、その範囲の特殊文字を文字どおりに扱うように指定できます。このデータがインポートされると、これらの特殊文字は Jira のフィールド データの一部として保存されます。特殊文字の例としては、キャリッジ リターン/改行文字、コンマなどがあります。

二重引用符を文字どおり扱うには、もう 1 つ二重引用符を追加することができます。

1 "Clicking the ""Add"" button results in a page not found error"

...これをインポートすると、次のように Jira に保存されます。

1 Clicking the "Add" button results in a page not found error

複数の値を単一の課題フィールドに集約する

複数の値を許容する単一の Jira フィールドには複数の値をインポートできます (例: ウォッチャー、コンポーネント、ラベル)。これを行うには、同じフィールドにインポートされる各値について、CSV ファイルで同じ列名を指定する必要があります。指定される列名の数は、マッピングされるフィールドに集約される値の最大数と一致している必要があります。

例:

1 2 3 4 IssueType, Summary, Label, Label, Label, Component, Component bug, "First issue", v1, , , Component1, bug, "Second issue", v2, , , Component1, Component2 bug, "Third issue", v1, v2, v3, Component1,

上記の例では、インポート後に最初の課題のラベル フィールドとコンポーネント フィールドと 3 番目の課題のコンポーネント フィールドから、対応するフィールドに複数の値が生成されます。

カスタム フィールドの扱い

ビジネス プロジェクトまたはソフトウェア プロジェクトにデータをインポートする際は、新しいカスタム フィールドを作成できます。カスタム フィールドを使用して、チームのニーズに応じた情報を追加できます。インスタンス内で以前に作成した、さまざまな既存のカスタム フィールドにデータをインポートすることもできます。

カスタム フィールドの作成について読む

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。