Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

タイムラインからイテレーションのキャパシティを変更する

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

イテレーションのキャパシティはいくつかの理由で変動する可能性があります。たとえば、祝日、病気のチーム メンバー、または複数のチーム メンバーは、異なるプロジェクト全体に分散される場合があります。時間ベースの見積もりを使用している場合、既定のキャパシティは 200 週あたり時間となります。ストーリー ポイントを使用している場合、既定の設定はイテレーションあたり 30 ストーリー ポイントです。スプリントの詳細ポップアップでキャパシティを編集することで、スプリント (ならびに計画) を正確に保てます。

イテレーションの長さは、チームの設定から継承されます。

Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud でタイムラインからイテレーションのキャパシティを変更します。

タイムラインからスプリントの容量を変更するには、次の手順に従います。

  1. タイムラインでキャパシティ プランニングを有効にします

  2. スプリントを選択して、スプリント キャパシティ情報ウィンドウを開きます。

  3. 以下に示すように、[スプリント キャパシティ] フィールドの横にある番号を選択して新しい値を入力します。

  4. チェックマークを使用して、変更を確認します。

アクティブ スプリントと将来のスプリントを対象にできます。

その他のヘルプ