チーム管理対象バーンアップ レポートを確認して理解する

このページは チーム管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトをご利用中です] とある場合は、企業管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

バーンアップ レポートではスプリントの完了に伴うチームの進捗を追跡します。このレポートは完了した作業量を示し、計画済みの作業と比較します。スコープ クリープなどの問題や、予定されたプロジェクト パスとの偏差を特定するのに役立ちます。

はじめる前に

チーム管理対象プロジェクトでは、バーンアップ レポートはスプリント機能が有効になっている場合にのみ使用できます。スプリントの詳細

バーンアップ レポートの読み方

バーンアップ レポートの折れ線グラフです。y 軸はストーリー ポイントを示し、x 軸は時間を表します。
  • 縦軸は、ストーリー ポイントまたは課題数で測定される、作業量を表します。横軸は時間 (日単位) を表します。

  • 作業範囲 (赤い線) は、スプリント用に計画された作業を示します。スプリントを通じてこの線が増加している場合、それはスコープ クリープの兆候です。

  • 完了した作業 (緑の線) には「完了」に移動した作業が表示され、完了」ステータスはボードの右端の列にあります。

  • ガイドライン (灰色の線) は、予定どおりに完了するため、チームがスプリントを通じてどのように進捗するべきかを大まかに示します。

  • チャートの作業スコープ完了した作業の線の間の距離が、残りの作業量です。スプリントのすべての作業が完了すると、これらの線が交わります。

その他の注意事項

  • 見積機能が有効化されている場合、各課題に対するチームのストーリー ポイント見積りを使用してレポートが表示されます。

  • 見積機能が有効化されていない場合、課題の数を使用してレポートが表示されます。つまり、各課題の重みは同等として扱われます。 

  • レポートは、サブタスクのデータを使用しません (プロジェクトのサブタスクに独自の見積もりがある場合も含む)。ストーリー、バグ、タスクなど、標準レベルの課題タイプのデータのみを使用します。

最終更新日 2021年04月 6日)
次でキャッシュ 4:10 AM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ