プロジェクト テンプレートとは?

Jira でプロジェクトを作成する場合は、所有しているすべての Jira Cloud 製品 (Jira SoftwareJira Service ManagementJira Work Management) 全体の各種テンプレートを参照できるテンプレート ライブラリから作成することになります。テンプレート ライブラリでは、各テンプレートの情報とベスト プラクティスを使用して、新しいプロジェクトに最適なテンプレートを選択できます。

Jira Software にはさまざまなプロジェクト テンプレートが付属しており、特定のチームや用途に合わせたプロジェクトを作成することで迅速に準備できます。これらのテンプレートには、事前設定された課題タイプ、ワークフロー、そのタイプに関連するその他の機能が含まれます。テンプレートを使用したプロジェクトの作成に関する詳細について、確認してください。

  • カンバンは優れたボード上の課題を使用して、プロジェクトを視覚化して進行します。これは、チームがバックログから作業量を制御したり、ツール間で作業を連携したりできるように設計されています。カンバン機能の詳細

  • ボード、バックログ、ロードマップを使用する、プロジェクト目標に向けたスクラム スプリント。定期的に作業を行うチームやツール間で作業を連携させる必要のあるチームに最適です。スクラム機能の詳細

  • バグ追跡は、開発タスクとバグのリストを管理します。バグのキャプチャ、追跡、解決に取り組むチームに最適です。バグ追跡機能の詳細

カンバン

カンバン テンプレート

カンバン テンプレートを選択すると、チームがその作業を視覚化して進行中の作業を制限し、効率を最大化できます。作業はカンバンで継続的に配信されるため、チームはバックログから 1 つの作業を取り出して、それを完了まで進められます。

シンプルなボードを使用して作業を追跡する

作業項目は視覚的にカンバン ボードに表示されるため、いつでも作業の状況を追跡できます。ボードの詳細について、確認してください。

ボードを使用して進行中の作業を制限することで、チームの重点分野を強化する

進行中の作業 (WIP) を制限して、各ステータスに留まる作業の最大量を設定します。WIP 制限の詳細について、確認してください。

アジャイル レポートで継続的に改善する

累積フロー ダイアグラムと同様に、チームが一貫して最大限の価値をビジネスに提供できるようにサポートします。アジャイル指標の詳細

スクラム

スクラム テンプレート

スクラム テンプレートを選択して、スプリントと呼ばれる一連の一定期間のイテレーションで製品を作成します。スプリントは、定期的に出荷するためのフレームワークをチームにもたらします。

バックログで今後の作業を計画する

バックログでチームの作業を優先順位付けて計画します。プロジェクトのロードマップから作業を細分化して作業項目に順序を付け、最初に何を出荷すべきかをチームが把握できるようにします。バックログの詳細について、確認してください。

作業のサイクルをスプリントにまとめる

スプリントを使用して追加的な提供を促進し、高品質の作業を実現してより迅速に価値を提供できるようにします。スプリントの詳細を確認してください。

チームのベロシティと能力を把握する

スプリント レポートやベロシティ チャートなどのすぐに使用できるレポートを使用して、計画と提供の予測可能性を向上させます。アジャイル指標の詳細について、確認してください。

バグ追跡

バグ追跡テンプレート

開発プロセス全体でバグや課題をキャプチャ、追跡、解決するバグ追跡テンプレートを選択します。

バグを特定してキャプチャする

すべてのバグを一か所で確認します。バグを特定したら、プロジェクトのどこからでも課題を作成してその詳細をキャプチャします。それぞれの課題タイプには、独自のカスタム ワークフローを設定できます。

割り当てと優先順位づけ

バグをキャプチャすると、重要度、緊急度、チームのワークロードのキャパシティに基いて、ランクと優先順位を付けられます。

最終更新日 2021年05月12日)
次でキャッシュ 9:13 PM on Jul 30, 2021 |

その他のヘルプ

コミュニティに質問