計画のプロジェクト間のリリース日を調整する

このページでは、Jira Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる高度な計画機能について説明します。

Jira に含まれているプロジェクトのタイムラインについては、ドキュメンテーションにセクションが別途用意されています。Jira のプロジェクト タイムラインに関するドキュメンテーションはこちらからご確認ください。。

 

既定では、プロジェクト横断型リリースに含まれる単一プロジェクト リリースには、独自の日付を設定できます。ただし、すべての単一プロジェクト リリースを同時に集約または開始する場合、該当する計画によって開始日または終了日のいずれかを使用してリリースを調整できます。

複数の単一プロジェクト リリースを揃える方法であるプロジェクト間のリリースは、計画において計画目的でのみ使用されます。Jira 課題に保存し直すことはできません。プロジェクト間のリリースを保存すると、プラン内でチームに関連付けられた単一プロジェクト リリースのみが更新されます。

プロジェクト横断型リリースの単一プロジェクト リリースで日付を揃えるには、次の手順に従います。

  1. 左側のナビゲーションから [リリース] ビューに移動して、リリース日を調整するプロジェクト間のリリースを探します。

  2. [その他] () > [日付を調整] の順に選択します。

  3. 開始日や終了日の調整方法を選択します。

  4. 完了後、[日付を設定] を選択してプランの日付を更新します。

リリース開始日のオプション:

できるだけ早く - リリース内の課題に取り組むチームがあるとすぐにリリースが開始されます。これは、ほとんどの場合、自動スケジュールの課題にのみ使用されます。

固定日 - 日付を設定します。

前のリリース日と関連付ける - 前のリリースが終了して一定時間たった後に新しいリリースを自動でトリガーします。たとえば、ベータ リリースについてはアルファ リリースの作業が完了してから 1 日後に作業するものとします。

リリース終了日のオプション:

すべての課題が完了した後 - リリース日は柔軟です。プランには表示されません。

固定日 - リリースはこの選択した日付に発生して、キャパシティとベロシティの設定を上書きします。キャパシティが不足しているリリースでは、タイムライン上のリリース アイコンが赤に変わります。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。