Asana から Jira にデータを直接インポートする

Asana から Jira への作業の移行が簡単になりました。Asana インポーターを使用すると、Asana からソフトウェア プロジェクトにプロジェクトを直接インポートできます。これにより、データを手動で移動する手間が省け、プロジェクト情報の適切さと正確さを確保できます。

CSV ファイルを使用して作業をソフトウェア プロジェクトにインポートすることもできます。CSV インポーターの詳細についてはこちらをご確認ください。

Jira における Asana プロジェクトの構造

Asana インポーターを使用してプロジェクトをインポートすると、Asana アカウントから情報が直接取得され、Jira に同様のプロジェクト構造と階層が作成されます。

新しいソフトウェア プロジェクトでは、Asana のプロジェクト データは次のように構成されます。

  • Asana の「To do」、「Doing (作業中)」、「Done (完了)」などのセクションは課題のステータスとしてインポートされます。

  • Asana のタスクは課題としてインポートされます。

  • Asana のサブタスクは、サブタスクとしてインポートされます。Asana と同様の階層を維持するために、各サブタスクは課題内の親サブタスクにリンクされます。

Asana プロジェクトをインポートしたら、必要に応じて課題階層をカスタマイズできます。

Jira でサポートされている Asana の標準フィールドとカスタム フィールド

Asana と Jira のどちらにも次の 2 種類のフィールドがあります。

  • 標準フィールド またはシステム フィールド: これらのフィールドは「組み込み」、すなわち既定でソフトウェアの一部です。

  • カスタム フィールド: これらのフィールドは、ユーザーのニーズに基づいてカスタマイズできます。

インポート中、Asana インポーターは Asana プロジェクトの標準/システム フィールドとカスタム フィールドを新しいソフトウェア プロジェクトにマッピングします。

標準フィールドまたはシステム フィールド

Asana の標準フィールドは、次の方法で Jira のシステム フィールドにマッピングされます。

Asana の標準フィールド

Jira システム フィールド

タスク名

要約

セクション ヘッダー

課題のステータス

担当者

担当者

作成元

報告者

説明

説明

期限

期限

開始日

開始日

協力者

ウォッチャー

Tags

ラベル

ストーリー

コメント

Project

Project

いいね!

Voters

サブタスク

サブタスク

標準リストに含まれていない Asana フィールドは、Jira のカスタム フィールドとして作成されます。

カスタム フィールド

Jira でカスタム フィールドをマッピングする方法は次のとおりです。

Asana フィールド

Jira カスタム フィールド

1 つを選択

ドロップダウン

複数選択

複数選択

テキスト (短い形式)

テキスト

テキスト (長い形式)

段落

日付 (日付値のみ)

日付

日付 (時刻値を含む)

タイムスタンプ

ユーザー

複数ユーザー選択機能

数値

数値

割合

数値

通貨

数値

数式

数値

カスタム フィールドは Asana のプレミアム機能であるため、無料の Asana アカウントからインポートできるのは標準フィールドだけです。インポートが完了したら、ソフトウェア プロジェクトにカスタム フィールドを作成できます。

Asana インポーターを使用したデータのインポート

インポーターを使用できるのはサイト管理者と組織管理者だけです。

Asana インポーターを使用してデータを直接インポートするには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーション バーから、[プロジェクト] > [新規プロジェクトを作成] を選択します。

  2. サイドバーの [その他] から、[データをインポート] を選択します。

  3. Select Asana.

  4. OAuth 画面で [許可] を選択し、Asana アカウントへのアクセスを許可します。

  5. データを移動したい Asana ワークスペースAsana プロジェクトを選択します。[次へ] を選択します。

  6. プロジェクト テンプレートを選択し、ソフトウェア プロジェクトの名前をカスタマイズして [次へ] を選択します。

    1. キーは自動的に選択されます。必要な場合はカスタマイズできます。プロジェクト名とキーは、プロジェクト設定で後から変更できます。

  7. [Review details (詳細を確認)] 画面には、Asana データのインポート方法が次の 4 つのセクションにまとめられています。

    • プロジェクト階層: Asana のプロジェクト構造が Jira でどのように再現されるかを確認しましょう。

    • フィールド マッピング: Asana の標準フィールドとカスタム フィールドが Jira でどのようにマッピングされるかを確認してカスタマイズしましょう。

    • 添付ファイルのインポート: 添付ファイルを新しいプロジェクトにインポートするかどうかを選択できます。

    • Import all members (すべてのメンバーをインポート): Asana アカウントからメンバーをインポートするかどうかを選択します。メンバーをインポートしないことにした場合は、すべてのユーザー フィールドの割り当てが解除され、コメント内のユーザー メンションはプレーン テキストとしてインポートされ、コメント投稿者の名前は匿名に変わります。

  8. データのインポートを開始する準備ができたら [インポート] を選択します。

インポーターはバックグラウンドで自動的に Asana からのデータ移動を開始し、進捗バーにインポートの状況が表示されます。選択したテンプレートに応じて、データがカンバン ボードまたはスクラム ボードにインポートされます。

インポートが失敗した場合、または部分的に完了した場合は、インポートの最後にエラー ログをダウンロードできます。トラブルシューティング ガイドを使用してエラーを修正し、プロジェクトをもう一度インポートしてみてください。

インポートで問題が発生した場合は、サポートにご連絡ください。

ソフトウェア プロジェクトのフィールドをカスタマイズする

インポーターを使用できるのはサイト管理者と組織管理者だけです。

インポート時に Asana フィールドをソフトウェア プロジェクトにインポートする方法をカスタマイズできます。

[Review details (詳細を確認)] 画面には、データが新しいソフトウェア プロジェクトにどのようにマッピングされるかが要約されています。[フィールドをマッピング] を選択すると、この画面には、Asana データがどのように自動的にマッピングされるかが表示されます。

ここでは次を実行できます。

  • Asana データのマッピング方法を変更する。

  • トグル ボタンを使用して、特定のフィールドをインポートに含めないように選択する。

フィールドをカスタマイズする方法。

  1. 編集するフィールドのドロップダウンを選択します。

  2. 提供されているオプションから既存のフィールドを選択するか、フィールドの形式に最適なカスタム フィールドを選択することができます。カスタム フィールドを選択すると、Asana フィールドと同じ名前が付けられます。

フィールドをカスタマイズしたら、[レビューの詳細に戻る] を選択して、レビューの詳細画面に戻ります。 変更が保存されます。

カスタマイズ可能なフィールドに関する注意事項

  • [要約] と [課題ステータス] は Jira の必須フィールドです。これらのフィールドを変更したり、インポートから除外したりすることはできません。

  • [担当者]、[期日]、[開始日] の各フィールドはインポートから除外できますが、Jira のエクスペリエンスを向上させるためにそれらを含めることをお勧めします。

    • [担当者] フィールドをインポートから除外すると、担当者の情報が課題、コメント、タグに表示されなくなります。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。