バージョンの進捗を確認する

あなたはスプリントの進捗を監視し、チームのイテレーションを順調に進めています。バージョンの提供が予定どおりかどうかはどのように確認できるのでしょうか?

Jira Software にはバージョンの進捗を監視するためのツールが多数用意されています。これらのツールは問題の早期発見や、期限内にバージョンをリリースできる可能性を判断するのに役立ちます。

はじめる前に

本ページの内容は、企業管理対象スクラム プロジェクトにのみ適用されます。

リリース ハブ

リリース ハブはある時点でのバージョンの作業ステータスを把握するのに役立ちます。バージョンの課題の要約と内訳を、ステータス別にグループに分けて表示します。さらに、Jira Software が開発ツールに接続されている場合、開発ツールが Jira Software と同期していないときにこのページに警告が表示されます。たとえば、完了した課題に未処理のプル リクエストがある場合、ビルドに障害が発生している場合、レビューされていないコミットがある場合などに警告されます。

  1. スクラム プロジェクトに移動します。

  2. リリースをクリックします。> 希望のバージョンで。

詳細: リリースページを使用して、バージョンの進捗状況を確認する

リリースバーンダウン レポート

「リリース バーンダウン」レポートは、バージョン完了に向けてのチームの進捗を把握するのに役立ちます。レポートはチームの(現行バージョンに関する)ベロシティ、スコープ変更が進捗に及ぼす影響、残作業の完了に必要な予測スプリント数などを表示します。

さらに詳しく: リリース バーンダウン

完了した作業、残りの作業、追加作業、作業予定の進捗を棒グラフで表示したリリース バーンダウン画面。

ステータスレポート

ConfluenceJira Software にリンクしておけば、外部の関係者にステータス レポートを提供する必要がある場合に「ステータス レポート」を Confluence で作成して、バージョンの進捗を表示することができます。「Jira レポート ブループリント(Confluence ドキュメント) を参照してください。

最終更新日 2021年06月30日)
次でキャッシュ 9:02 PM on Oct 23, 2021 |

その他のヘルプ