Advanced Roadmaps のための一般的な Jira Software 設定

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

アクセス権を獲得したら、Advanced Roadmaps でのプラン作成をすぐに始めることができます。障壁となるものはありません。ただし、Advanced Roadmaps はカスタマイズを一切必要としませんが、管理者は Jira Software とチームの作業方法に合わせて適宜設定を行う権限を持っています。

このセクションで説明するプロセスは、Jira Software 管理者権限を持っているユーザーのみが行えます。

Jira Software 監査ログに含まれる Advanced Roadmaps のアクション

管理者は、Jira Software 監査ログで Advanced Roadmaps の一部のアクションを追跡できます。監査レポートには、以下のアクションが含まれています。

  • プランを作成または削除したとき

  • スケジュール設定を変更したとき

  • 課題ソースが追加または削除されたとき

  • 除外ルールを変更したとき

  • 階層レベルの名前変更、作成、削除

  • 階層レベル間で課題タイプを移動

これらを編集または変更することはできません。

Jira Software 管理者がアクティビティを監査する方法の詳細をご確認ください

エピックより上位の階層レベルを設定する

Advanced Roadmaps の重要な機能の 1 つは、エピックの上に階層レベルを追加できることです。これらの追加のレベルを使用して、プランにおける組織のより大きなイニシアチブを追跡し、プロジェクト間の作業を統合することができます。

Advanced Roadmaps などの Jira Software には、レベル 1 の課題タイプとしてエピック、レベル 0 としてストーリーがあります (サブタスクは -1 またはストーリーの下とみなされます)。Jira Software Premium のサブスクリプションでは、1 を超えるレベルを追加し、組織の仕組みに合わせた名前を付けられます。一般的な課題タイプは、凡例、オデッセイ、アンソロジーなどです。より大胆にしたい場合は、上の階層レベルにモノリス、神、全能といった名前を付けることもできます。すべてはあなた次第です。

Advanced Roadmaps 用に Jira でカスタム階層レベルを設定する方法を確認する

Jira 課題にカスタム フィールドを追加する

Advanced Roadmaps で使用される一部の既定のフィールド (親のリンクなど) は、Jira Software では既定のフィールドではありません。ただし、組織がカスタム日付フィールドやラベルの使用を計画している場合があります。そのため、ほとんどの Jira 管理者は、Advanced Roadmaps での作業時に少なくとも 1 つのカスタム フィールドを Jira チケットに追加します。

カスタム フィールドを Jira 課題に追加せずに Advanced Roadmaps で使用する場合、これらのフィールドに割り当てられた値を課題に保存することができません。

カスタム フィールドの完全な値は、このガイドの後半でチームについて説明するときに具体的に取り上げます。現時点では、この値はユーザー (または Jira 管理者) が自由にカスタマイズ可能であるということだけ知っておいてください。

Jira Software の課題にカスタム フィールドを追加する方法を確認する

その他のヘルプ