robotsnoindex

descriptionワークフローの説明、リクエスト タイプのワークフローの表示、セットアップ、および編集方法、カスタムのステータスやトランジションの作成方法などをご確認ください。
robotsnoindex
descriptionワークフローの説明、リクエスト タイプのワークフローの表示、セットアップ、および編集方法、カスタムのステータスやトランジションの作成方法などをご確認ください。

このヘルプ ページの内容について

以降の情報は、チーム管理対象プロジェクトにのみ適用されます。

どのタイプのプロジェクトの情報を参照すべきかを確認するには、プロジェクトの左側のサイドバーの下部をご覧ください。

  • [チーム管理対象プロジェクトをご利用中です] というアイコンに加えて [フィードバックを送信] や [詳細] メニュー項目が表示される場合は、チーム管理対象プロジェクトを利用しています。

  • そうではない場合は、企業管理対象プロジェクトを利用しています。企業管理対象プロジェクトのドキュメントをご確認ください

ワークフローはチームのプロセスを表します。 チームがプロジェクトを進める方法を制御し、タスクの開始から終了までチームをナビゲートします。

ワークフローは、サービス チームのプロセスを表します。これは、エージェントがサービス リクエストを進める方法を制御し、リクエストの開始から終了までエージェントをナビゲートします。

このページの記載内容を実行するには、プロジェクトの管理者ロールを持っている必要があります。 チーム管理対象プロジェクトの ロールに関する詳細をご確認ください

ワークフローとは

チーム管理対象プロジェクトのワークフローは、次の 2 つのコンセプトで定義されます。

  1. ステータス - タスクのステータスを説明する、チームの作業プロセスでのステップ。

  2. トランジション - ステータス間での作業の移動方法。

ワークフローとは

チーム管理対象サービス プロジェクトのワークフローは、次の 2 つのコンセプトで定義されます。

  1. ステータス - リクエストのステータスを説明する、サービス チームの作業プロセスでのステップ。

  2. トランジション - ステータス間でのリクエストの移動方法。

ワークフロー ステータスとは

Statuses help people understand the state of a piece of work. They appear in many views across your Jira site, linked Atlassian products, and third-party apps.

Jira Software では、プロジェクトには 3 つの既定のステータスがあります。

  • 作業前

  • In progress

  • 完了

プロジェクトの開始時にはこれらを使用することをおすすめします。チームの仕事が進捗するにつれ、チームの作業の流れを制御するため、さらにステータスを追加する必要が発生する場合があります。

ステータスは課題タイプ間で共有できます。これにより、どのような課題タイプからでも同じステータスの課題を検索して レポートすることができます。 たとえば、ストーリー、バグ、サブタスクに関係なく、現在「進行中」の課題を検索できます。

ワークフロー エディタでのステータスの作成、編集、および削除の詳細をご確認ください

Jira Service Management では、各プロジェクト テンプレートに既定のステータスが付属します。これらはプロジェクトに付属するステータスの一部です。

  • オープン

  • 再オープン

  • ペンディング

  • 進行中の作業

  • 顧客からの連絡待ち

  • サポートからの連絡待ち

  • エスカレートされた

  • 完了

  • キャンセルされました

サービス プロジェクトが成熟するにつれ、チームの作業の流れを制御するため、さらにステータスを追加する必要が発生する場合があります。

ステータスはリクエスト タイプ間で共有できます。これにより、任意のリクエスト タイプを横断して、同じステータスのカスタマー リクエストを検索および報告できます。たとえば、カスタマーによるリクエストが IT ヘルプか購入リクエストかを問わず、現在 "顧客からの連絡待ち" であるリクエストを見つけることができます。

ワークフロー エディタでのステータスの作成、編集、および削除の詳細をご確認ください

ステータスのカテゴリとは

Jira では、To-Do、進行中、または完了カテゴリに多数のステータスを分類できます。これらのカテゴリは、プロジェクトの作業の並べ替え、フィルター リング、および報告に役立ちます。たとえば、「バックログ」の To-Do ステータスと、「承認待ち」の To-Do ステータスを持つことができます。または、「開発中」の進行中ステータスと、「レビュー中」の進行中ステータスを持つことができます。

ワークフロー エディタでのステータスの作成、編集、および削除の詳細をご確認ください

ステータスのカテゴリとは

Jira Service Management では、To-Do、進行中、または完了カテゴリに多数のステータスを分類できます。これらのカテゴリは、プロジェクトの作業の並べ替え、フィルタリング、および報告に役立ちます。例えば、"オープン" の To-Do ステータスと、"再オープン" の To-Do ステータスを持つことができます。または、"顧客からの連絡待ち" の進行中ステータスと、"サポートからの連絡待ち" の進行中ステータスを持つことができます。

ワークフロー エディタでのステータスの作成、編集、および削除の詳細をご確認ください。

ワークフロー トランジションとは

Transitions connect statuses and help define the flow of work in your project.These pathways define how people move pieces of work through your workflow. For example, if you run a pizza shop, you might have different statuses depending on who’s picking up the pizza. Once the pizza is “Ready for pickup”, it can move down the “Send for delivery” transition, putting it in the “On the way” status. Or, it can transition down the “Give to customer” transition, showing that the pizza work is done.

ワークフロー エディタでのトランジションの作成、編集、および削除の詳細をご確認ください

tip/resting Created with Sketch.

トランジションは、 ルールを追加 することで強化されます。ルールは、作業をステータス間で移動する際の反復的なアクションを自動化します。 ワークフロー ルールの追加の詳細をご確認ください。

課題タイプのワークフローを表示または編集する

課題タイプのワークフローを表示するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイド バーから [プロジェクト設定] > [課題タイプ] を選択します。

  2. サイドバーで、詳細を確認したい課題タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

リクエスト タイプのワークフローを表示または編集する

リクエスト タイプのワークフローを表示するには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[Service project settings (サービス プロジェクト設定)] > [リクエスト タイプ] の順に選択します。

  2. サイドバーで、詳細を確認したいリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

課題タイプのワークフローへの変更を保存する

課題タイプのワークフローを保存するには、次の手順に従います。

  1. 課題タイプのワークフローを編集し終えたら、[ワークフローを更新] を選択します。

  2. ドロップダウンからバッジを選択解除して、ワークフローを適用する課題タイプを確認します。

  3. [保存] を選択します。

リクエスト タイプのワークフローへの変更を保存する

リクエスト タイプのワークフローの編集が完了したら、ワークフロー ツールバーから [保存して閉じる] を選択します。

ワークフローへの変更は、ワークフロー エディタを保存して閉じるまで適用されません。

ワークフローの保存時に競合を解決する

ワークフローの変更が、プロジェクトの既存作業に影響する場合があります。しかしながら、競合を恐れる必要はありません。Jira では、削除しようとしているステータスの課題について警告し、それらを有効なステータスに変更するように求めます。このようにプロンプト表示された変更はルールを実行しない点にご注意ください。課題のステータスが更新されるだけです。

ワークフローの保存時に競合を解決する

ワークフローの変更が、既存のカスタマー リクエストに影響する場合があります。しかしながら、競合を恐れる必要はありません。Jira Service Management は、削除しようとしているステータスのリクエストについて警告し、それらを有効なステータスに変更するように促します。このようにプロンプト表示された変更はルールを実行しない点にご注意ください。リクエストのステータスが更新されるだけです。

リクエスト タイプのワークフローを他のリクエスト タイプにコピーする

異なるリクエスト タイプで顧客から異なる情報を収集するが、エージェントによる解決方法は同じ場合があります。時間を節約するため、リクエスト タイプのワークフローをサービス プロジェクトの別のリクエスト タイプにコピーできます。

リクエスト タイプのワークフローを他のリクエスト タイプにコピーするには、次の手順を実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから、[Service project settings (サービス プロジェクト設定)] > [リクエスト タイプ] の順に選択します。

  2. サイドバーで、コピーのしたいワークフローを持つリクエスト タイプを選択します。

  3. [ワークフローを編集] を選択します。

  4. アクション () > [他のリクエスト タイプにコピー] を選択します。

他のリクエスト タイプにコピーした場合、サービス プロジェクト内の他のワークフローに適用できるよう、現在のワークフローが保存されます。製品では、削除しようとしているステータスのリクエストについて警告し、それらを有効なステータスに変更するように求めます。このようにプロンプト表示された変更はルールを実行しない点にご注意ください。リクエストのステータスが更新されるだけです。