タイムラインで日付をロールアップする

このページでは、Jira Software のロードマップ ビューについて説明します。Jira Software の Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールである Advanced Roadmaps ではありません。

特に明記されない限り、Jira Software のロードマップ ビューは、企業管理対象チーム管理対象の両プロジェクトで同じです。

親課題の [開始日] や [期限] の各フィールドが空の場合、ロードマップは子課題に割り当てられた日付に基づいて期間を推測します。これをロールアップと呼びます。これらの日付は子課題の日付が変更されると自動で更新されますが、日付が手動で設定されるとオーバーライドされます。

ロードマップでこれらのロールアップ日付を使用している場合は、スケジュール バーにカーソルを合わせると矢印アイコンが表示されます。

ロードマップが日付をロールアップすると、Jira Software Cloud の課題にこれらの矢印が表示されます。

次は、日付をロールアップする際の注意点です。

  • 親課題には開始日や終了日を設定できません。開始日や期限を手動で設定すると、推定値がオーバーライドされます。スケジュール バーの長さをドラッグ & ドロップして手動で調整すると、課題に日付が割り当てられます。

  • すべての子課題は、開始日と終了日、またはスプリント (スクラム チームの場合) のいずれかでスケジュールする必要があります。

スクラム チームのロールアップ値

スクラム チームの場合、子課題は割り当てられたスプリントに従ってスケジュールされます。ロードマップでは、すべての子課題のスケジュール バーは見積もり期間に関係なく同じサイズになり、上部のスプリントに合わせて調整されます。

各課題に割り当てられたスプリントの日付は、親レベルの課題に日付をロールアップするために使用されます。次の例では、親レベルのタスク「チェダー キング」が、「発酵」、「フレーバーの開発」、「お気に入りのチーズを探す」という 3 つの子課題から日付を推測します。これらの子課題は 2 つのスプリントという期間でスケジュールされているため、親課題は 1 つ目のスプリントから始まり、2 つ目のスプリントの後に終了します。

Jira Software Cloud のプロジェクト ロードマップで日付をロールアップすると表示される内容

カンバン チームのロールアップ値

カンバン課題は [開始日] フィールドと [期限] フィールドを使用してスケジュールされるため、ロードマップのロールアップでは、最も早くスケジュールされた日付と最も遅くスケジュールされた日付を使用して親の期間が決定されます。

部分的なロールアップ

親課題の開始日または期限を推測できない場合、そのスケジュール バーは進行方向へとフェードアウトします。これは次に示すように、部分的なロールアップと呼ばれます。

Jira Software Cloud での部分的なロールアップは、親の日付を推測できない際に発生します。

部分的なロールアップを修正するには、すべての子課題に開始日と期限があることをご確認ください。

その他のヘルプ