見積もりとトラッキングの設定

プロジェクトに合わせて、使用する見積もり統計 (ストーリー ポイント、時間、または課題数など) や時間の追跡設定 (残りの見積もり時間) をカスタマイズできます。

多くのスクラム チームは、見積もりを追跡から分けてそれぞれに異なるユニットを使用します。

見積もりは、バックログのサイズの測定やベロシティの計算によく使用されます。多くの場合、追跡はスプリント中に使用される時間のバーンダウンです。これは、スプリント期間中にチームの進捗がストーリーの完了に向けて順調かどうかを確認するために役立ちます。

通常、チームはストーリー ポイントでタスクを見積もり、時間をかけてそれらのタスクを追跡します。Jira Software では、チームが最適な方法を取れるように、見積もりと追跡の統計を個別に設定して柔軟に対応できるようにしています。

はじめる前に

ボードおよびその設定を構成するには、次のいずれかである必要があります。

  • ボードの場所のプロジェクト管理者

  • ボード自体のボード管理者

詳細は、「権限の概要」を参照してください。

見積もりを設定

  1. ボードから [その他] () > [ボード設定] の順に選択します。

  2. 左側のメニューから [見積もり] を選択します。

Jira Software の企業管理対象プロジェクトのボード設定にある [見積] タブ。

[見積統計] フィールドで次のオプションのいずれかを選択します。

見積統計

説明

ストーリー ポイント

課題ごとのストーリー ポイントの数に基づいて見積もります。これが最も一般的に使用されるオプションです。

既定では、ストーリーポイント フィールドは「ストーリー」または「エピック」タイプの課題でのみ利用可能です (「バグ」等は不可)。変更する場合は、以下の方法で行います。

1. [ストーリー ポイント] フィールドを他の課題タイプに関連づけます。詳細は「カスタム フィールド コンテキスト」(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。
2. ストーリー ポイントの表示画面を指定します。詳細は、「画面を定義する」(Jira 管理者向けドキュメント) を参照してください。

初期見積時間

見積は「初期見積」フィールドに基づきます (詳しくは、「課題で時間を記録する」を参照してください)。既定では分単位で指定されていますが、Jira のシステム設定に応じて、時間、日、週による指定も可能です。詳細は、「タイム トラッキングを構成する (Jira管理者向けドキュメント)」を参照してださい。

課題数

スプリントの課題の数に基づいて見積もります。[見積もり] フィールドは編集できません。

<カスタム フィールド>

Jira システムでは、任意の数値形式のカスタム フィールドに基づいて見積もりを行うことができます。

時間の追跡を設定

  1. ボードから [その他] () > [ボード設定] の順に選択します。

  2. 時間管理 フィールドで、次のオプションのいずれかを選択します。

時間トラッキング

説明

なし

選択された見積統計をもとにしてトラッキングします。

残余見積と消費時間

追跡は Jira の "残余見積" および "消費時間" フィールドに基づきます (詳細は、「課題で時間を記録する」を参照してください)。既定ではこれらのフィールドは分単位で指定されていますが、Jira のシステム設定に応じて、時間、日、週による指定も可能です。詳細は、「タイム トラッキングを構成する (Jira管理者向けドキュメント)」を参照してださい。

これは見積統計をバーンダウンに使用するのとは根本的に異なり、課題が完了しても数値は消費されません。代わりに、ユーザーが消費時間を入力するか、残余見積を新しい値として設定したときにのみ消費します。

見積もりと時間管理に関する詳細情報

製品チームは多くの場合、製品を納品するまでの所要時間を見積もる必要があります。バックログの作業は数か月にもおよぶ可能性があるため、見積もりは困難です。詳細な見積もりを出すためにチームの時間を割くことは難しいため、大まかな見積もりしか出せません。しかし、スプリントを繰り返す中で、チームでは大まかな見積もりに対して x 個の作業ユニットを完了する時間の傾向がわかるようになります。これがベロシティです。

つまり、簡単で大まかな見積もりを使用して、バックログの各課題の完了に要する時間を正確に見積もることができるようになります。ただし、これを実現するには、一貫性をもってストーリーを見積もる必要があります。また、チームが各スプリントで実際に完了させたの総見積単位をトラッキングする必要があります。なぜなら、この数値から、今後の各スプリントに設定可能な見積もり量を設定できるためです。

見積統計と時間トラッキングがプロジェクトに与える効果

Jira Software では、課題の見積もりと追跡に使用する単位 (例: ストーリー ポイント、課題数) を選択できます。これを行うには、まず [見積統計] を選択し、その後 [トラッキング統計] で、同じ単位を使うか時間管理を使うかを選択します。各ボードで異なる見積統計とトラッキング統計タイプを設定できます。

  • 選択した見積統計の種類は、課題の詳細ビューの [さらに表示] の上に表示される [見積もり] フィールドに影響します。

    1. 選択した課題: 課題を選択すると、右側に詳細が表示されます。

    2. 見積もりフィールド: 見積もり統計に応じて、ストーリー ポイントまたは時間見積もりを入力します。

     

  • 課題の見積もりは、[アクティブ スプリント] で各課題の左下に表示されます。

スクラム ボードにある注釈付きカードの例。カードには課題の要約とアイコンがあります。

課題のカードには次の 3 層の情報があり、常に同じ順で表示されます。

  1. 課題の概要

  2. カードに追加されたカスタム フィールド

  3. 課題タイプ、優先度、担当者、および見積もりを含む、他の関連する課題情報

ベロシティとバーンダウンの表示方法

チームのベロシティは、見積もりの統計に基づいています。各スプリントについて、ベロシティは完了したストーリーの推定の統計の合計となります。ベロシティは、[完了した課題] 表の [推定統計] 内の、ベロシティ グラフ内およびスプリント レポートに表示されます (たとえば、「ストーリー ポイント (12)とは、12のスプリストーリー ポイントが完了されたことを意味します)。

各課題の値は、課題がスプリントに移動する時点で記録されます。後で見積値を変更してもスプリント レポートには反映されませんがバーンダウンではスコープ変更として表示されます。また、ベロシティはバージョン レポートでリリース日を予測するのにも使用されます。

バーンダウン チャートは見積統計に基づいて作成されます。見積統計にストーリー ポイントを使用している場合、バーンダウン チャートはストーリーごとのストーリー ポイントを示します (見積統計をバーンダウンしているストーリーは、完了した時点で初めてチャート上にバーンダウンとして表示されます)。時間トラッキングを選択した場合、部分的なバーンダウン (各日付でその時点までに消費した時間と残余時間) が表示されます。

バーンダウン チャートを使用している場合、サブタスクの動作は、ボードの [残余見積と消費時間] が有効化されているかどうかによって異なることがあります。

残余見積および消費時間を有効化したときのサブタスクの動作

残余見積および消費時間を無効化したときのサブタスクの動作

既にアクティブ スプリントにある課題にサブタスクを追加すると、サブタスクはスコープ変更として処理されます。

スコープ変更はバーンダウン グラフでも示されます。

既にアクティブなスプリント内にある課題にサブタスクを追加すると、サブタスクはスコープ変更としても処理されます。

ただし、サブタスクのスコープ変更はバーンダウン チャートには反映されません。

サブタスクの見積時間は親タスクにまとめられます。

つまり、親タスクはサブタスクのすべての残余見積の合計を持ちます。

見積時間はサブタスク全体および親タスク自体で個別にトラッキングされます。

詳細については、「バーンダウン チャート」を参照してください。

お困りですか? 必要な回答がドキュメントで見つからなかった場合、他のリソースもご利用いただけます。「ヘルプの活用」をご参照ください。

最終更新日 2021年08月 9日)
次でキャッシュ 4:10 AM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ