Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

ボードの見積もりと作業の追跡の仕組みを設定します。

ボードおよびその設定を構成するには、次のいずれかである必要があります。

  • ボードの場所のプロジェクト管理者

  • ボードのボード管理者

詳細は、「権限の概要」を参照してください。

ボードの設定時には、課題の見積もりにストーリー ポイントと時間のどちらを使用するか、またスプリント全体で進捗をどのように追跡するかを設定できます。このプロセスは、企業管理対象チーム管理対象の各プロジェクトで異なります。

企業管理対象プロジェクトのプロジェクト見積もりを設定するには、次の手順に従います。

この設定は、企業管理対象スクラム チームに対してのみ変更できます。

  1. 企業管理対象ボードから、ボードの右上隅にある [その他] (•••) > [ボードの設定] の順に選択します。

  2. 左側のメニューから [見積もり] を選択します。

  3. 必要に応じて見積もり設定を調整します。

    1. [見積統計] ドロップダウンによって、ボードにおける課題の見積もり方法を変更します。

    2. ボードにおける進捗を別の方法で追跡する場合は、[タイム トラッキング] セクションを使用します。通常、チームは 2 つの異なる方法で作業を見積もって進捗を追跡します。

      1. [なし] を選択すると、[見積統計] で定義した内容に基づいて進捗が追跡されます。

      2. [残余見積と消費時間] を選択すると、[消費時間] フィールドの値を元の見積もりから減算する方法で進捗が追跡されます。課題に対する時間の記録に関する詳細についてご確認ください。

チーム管理対象プロジェクトのプロジェクト見積もりを設定するには、次の手順に従います。

チーム管理対象プロジェクトでは、初期設定では見積もりが有効になっていません。見積もりを有効にするといくつかの変更が発生することを、事前に把握する必要があります。チーム管理対象プロジェクトで見積もりを有効にした際に発生する変更についてご確認ください。

  1. チーム管理対象ボードで、左側のメニューから [プロジェクト設定] を選択します。

  2. 左側のメニューで [機能] を探してから、[見積] というラベルの付いた機能を探します。

  3. [ストーリー ポイント] と [時間] のどちらを使用するかを選択します。

その他のヘルプ