Advanced Roadmaps が日付をロールアップする方法

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

Advanced Roadmaps では、ロールアップ日付機能を使用して、子課題の日付に基づいて親課題をスケジュール、更新できます。Advanced Roadmaps は、初期設定で [目標開始日] フィールドと [目標終了日] フィールドをロールアップします。ただし、代わりにカスタム日付またはスプリント日付を使用するようにもプランを設定できます。Advanced Roadmaps でカスタム日付を設定する方法をご確認ください

動的な日付を使用するには、親課題は (計画で設定されている日付フィールドに関係なく) 割り当てられた開始日または終了日を持てません。また、スプリントにも割り当てられません。これは、手動で設定した日付がロールアップされた値を上書きするためです。

ロールアップ日付は、Advanced Roadmaps で計画を立てるために存在する予測値です。Jira 課題に変更をコミットすると、ロールアップされた値は手動で設定したかのように、静的な数値またはテキストとして保存されます。Jira 課題に保存されているこの値は、計画が進化しても動的には更新されません。

日付フィールドの矢印に加えて、推測される日付を持つ課題は、次に示すようにタイムライン バーがストライプ柄になります。

Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud における日付の部分的なロールアップの例

バーの一方向がフェード アウトしている場合は、計画内に部分的なロールアップがあります。Advanced Roadmaps の部分的なロールアップに関する詳細をご確認ください

その他のヘルプ