Advanced Roadmaps でプランを作成する

Advanced Roadmaps でプランを作成するには、課題の見積もりとスケジュールの 2 つの作業を行う必要があります。

Advanced Roadmaps はサンドボックス環境です。つまり、プランに加えた変更は Jira Software の課題にコミットして戻すことを選択するまではコミットされません。

変更を保存する方法については「Advanced Roadmaps で変更を確認して保存する」セクションをご確認ください。

課題の見積もり

見積もりとは、課題の所要時間を経験に基づいて推測することです。見積もりは、ストーリー ポイントまたは時間ベースの単位 (時間/日) のうち、チームの作業方法に沿ったものに基づいて行うことができます。

これらの見積もりは超正確である必要はありませんが、プラン作成に利用できるだけの確度は必要です。見積もりは、課題をスケジュールしたり、後でキャパシティ計画などの機能を使用したりするのに役立ちます。

課題のスケジュール

各タスクの規模を把握したら、次にそれらのタスクをタイムラインでスケジュールします。この作業は、日付を選択するだけで期待どおりに正確に行うことができます。具体的には、[日付] 列で開始日と終了日を設定すると、Advanced Roadmaps によってその日付が自動的にタイムラインに配置されます。または、スケジュール バーをタイムラインに直接配置することもできます。

スクラム チームは、スプリントまたはリリースに従って作業をスケジュールすることもできます。Advanced Roadmaps では、スプリントまたはリリースの日付に基づいて、対応するスケジュール バーがタイムラインに作成されます。その後、スプリントまたはリリースの割り当てを Jira の課題に保存すれば、チームのプラン作成がはるかに容易になります。この方法で課題のプランを作成することは規範的ではありませんが、アジャイル計画の理念とより合致しています。

アトラシアン アジャイル コーチでアジャイル計画の詳細を確認する

依存関係

Advanced Roadmaps における依存関係に基づき、課題を実行する順序を定義することもできます。これらを使用することで、該当する課題について、それより先に完了する別の課題に依存していること、または別の課題を開始する前に完了する必要があることを Advanced Roadmaps に指示できます。

Advanced Roadmaps で依存関係を参照する場合、依存元に [ブロックされている] というラベルを付け、依存先に [ブロックしている] というラベルを付けます。

Advanced Roadmaps for Jira Software Cloud で、課題に付加されているすべての依存関係を表示します。

たとえば、"車に乗る" というタイトルの課題は "運転して仕事に向かう" という課題をブロックしていますが、"ベッドから出る" という課題によってブロックされています。依存関係はどのプランでも必要になるわけではありませんが、タスクの実行順序を識別し、課題をより効果的にスケジュールするのに役立ちます。

その他の情報:

Advanced Roadmaps での課題の見積もりとスケジュールの詳細を確認する

Advanced Roadmaps における依存関係の詳細を確認する

最終更新日 2021年10月 6日)
次でキャッシュ 2:13 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ