ソフトウェア プロジェクトのリクエスト管理をセットアップする

リクエスト機能は限定リリースの一部であり、すべての人が利用できるわけではありません。これは変更される可能性があり、テストがうまくいけばすべてのカスタマーに展開される可能性があります。

Jira のリクエスト管理機能は、Jira Service Management によって提供されています。サービス プロジェクトからのすべてのカスタマー リクエストをソフトウェア プロジェクト内で表示できるようになりました。

リクエストをクリックすると、Jira Service Management の課題ビューが表示され、そこで作業できます。Jira Service Management の課題ビューの詳細をご確認ください

 

リクエスト管理を開始する

カスタマーが登録したリクエストを Jira で確認するには、次の手順に従います。

ステップ 1: プロジェクトを Jira Service Management に接続する

これで、ソフトウェア プロジェクトは、新たに作成されたサービス管理プロジェクトに接続されました。既定では、ソフトウェア プロジェクトのすべてのメンバーがカスタマー リクエストを表示できますが、編集はできません。IT チームが新しいプロジェクトを作成できるよう、一般サービス管理というプロジェクト テンプレートが選択されています。

Jira Service Management のテンプレートに関する詳細をご確認ください。

ステップ 2: メンバーを Jira Service Management に招待する

現在使用している Jira Service Management は Free プランです。そのため、Jira 内から編集権限を付与できるチーム メンバーは最大 3 人となります。

チーム メンバーのユーザー ロールをプロジェクト管理者に変更する場合は、Jira Service Management 内で変更できます。

サービス プロジェクトでユーザー ロールを変更する方法をご確認ください。

サービス プロジェクトには、カスタマーがリクエストを登録するために使用できる構築済みのヘルプ ポータルが付属しています。ソフトウェア プロジェクト内でプレビューし、リンクをカスタマーと共有することで、リクエストの受付を開始できます。

ポータルの詳細をご確認ください。

それだけの準備で、カスタマーから寄せられたすべてのリクエストをソフトウェア プロジェクト内で確認できるようになります。


リクエスト タブのその他の機能

ヘルプ ポータルのリンクを共有し、チーム メンバーをサービス プロジェクトに招待すると、サービス プロジェクト内でリクエストを表示できるようになります。 を選択して、リクエスト タイプなどのプロパティを追加で設定することもできます。

サービス プロジェクトに戻る

このオプションを選択すると、Jira Service Management プロジェクトに移動します。キュー ページが開き、カスタマーが登録したすべてのリクエストがまとめて表示されます。

リクエスト タイプの管理

このオプションを選択すると、Jira Service Management 内のソフトウェア プロジェクトのリクエスト タイプを変更できます。リクエスト タイプにより、リクエストは正しいキューに自動的にソートされ、その後ソフトウェア プロジェクトとサービス プロジェクトの両方で課題として表示されます。そうすることで、カスタマーにリクエストの適切な登録場所を提供できるだけでなく、チーム メンバーがリクエストをより迅速に優先順位付けして解決できるようになります。

リクエスト タイプの詳細をご確認ください

チーム メンバーを追加

このオプションを選択すると、サービス プロジェクトの設定に移動して、Jira Service Management に新しいメンバーを招待したり、既存のチーム メンバーにプロジェクト管理者アクセスを提供したりできます。

また、以下の手順でも設定を変更できます。

  • Jira Service Management で、[プロジェクト設定] > [ユーザー] を選択します。

  • [ロール] 列で [Administrator (管理者)] を選択します。

リクエストをオフにする

このオプションを選択すると、ソフトウェア プロジェクト内のリクエスト タブ機能をオフにできます。または、[プロジェクト設定] > [機能] > [リクエスト] に移動して、リクエスト タブのオンとオフを切り替えることもできます。

上記のオプションのいくつかは、Jira Service Management の管理者アクセス権がある場合にのみ利用できます。

 

その他のヘルプ