ロードマップのフィルターとは

このページでは、Jira Software のロードマップ ビューについて説明します。Jira Software の Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールである Advanced Roadmaps ではありません。

特に明記されない限り、Jira Software のロードマップ ビューは、企業管理対象チーム管理対象の両プロジェクトで同じです。

ロードマップ上のフィルターは、特定の課題に焦点を絞るのに便利な方法です。これらによって、製品作業に関連する課題のみを表示したり、チームの「継続」タスクをハイライトしたりできます。

フィルターはロードマップの一番上に表示されます。

Jira Software Cloud ロードマップ ビューのフィルター

これらが表示されるのは、フィールドがプラン内の課題に関連する場合のみです。たとえば、[タイプ] フィルター オプションはプランに複数の課題タイプが追加されている際にのみ、[ラベル] は課題に 1 つ以上のラベルが割り当てられている際にのみ表示されます。フィルターが画面上部に表示されない場合は、探しているフィールドに値が含まれていることをご確認ください。

これらのフィルターは JQL フィルターとは異なり、ロードマップ ビューで該当する項目だけを非表示にします。

課題の表示と非表示は、以下に基づいて選択できます。

  • assignee

  • status

  • バージョン

  • type

  • ラベル

  • component

  • キーワード (検索ボックスを使用)

カスタムフィルター

現在、この機能はクラウドのお客様にロールアウトされています。ご利用のサイトにこれらの変更が反映されていないか、まだ表示されない可能性があります。

独自のフィルターを作成して、ロードマップで使用することもできます。

企業管理対象プロジェクトでは、ボードのクイック フィルターを使用して、ロードマップから課題を非表示にできます。このフィルターを使用しても課題は削除されず、非表示になるだけです。Jira Software のクイック フィルターに関する詳細をご確認ください

チーム管理対象プロジェクトでは、カスタム フィルターを使用して同じことができます。企業管理対象ロードマップのクイック フィルターと同様に、カスタム フィルターを使用しても課題は削除されず、非表示になるだけです。チーム管理対象プロジェクトのカスタム フィルターに関する詳細をご確認ください

 

その他のヘルプ