ロードマップのビューをカスタマイズする

Jira Software のロードマップ ビューは、有効にする方法とトラブルシューティング情報を除き、企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの両方で同じです。

チーム管理対象プロジェクトでロードマップ ビューを有効にする方法をご確認ください

チーム管理対象ロードマップの問題のトラブルシューティングに関する詳細はこちらをご覧ください

最大の効果を実現するロードマップは、本人にとって最も関連性の高い作業を表示します。関連性の高い作業は、ロールによって異なることが多いため、ユーザーは自分のニーズに合わせてビューをカスタマイズできます。

次は、プロジェクトのロードマップで行えることです。

チーム アバター、エピック バー、依存関係ドロップダウン、時間ドロップダウン、子課題で構成される、企業管理対象ロードマップ。
  1. 担当者、ステータス カテゴリ、バージョン、ラベル、または課題の要約によるフィルター: 担当者、ステータス、バージョン、ラベル、またはテキストの各フィルターを使用して、ロードマップに表示する課題を指定します。これらのフィルターは、課題に担当者を追加したり、2 つ以上の課題タイプを作成したり、ロードマップの課題にラベルを追加したりすると、自動で表示されます。テキスト フィールドは常に使用できて、すべてのフィルターはエピックとその子課題に適用されます。ロードマップのフィルターに関する詳細

  2. 表示設定: すべて完了、または未完了なエピックを表示します。次にエピックの依存関係進捗をロードマップに表示するか非表示にするかを選択します。

  3. タイムライン: ロードマップのズーム レベルを変更し、週、月、または四半期単位で表示できます。

  4. スケジュール バー: 各バーは、スケジュールされたタスクの作業時間を表します。ボードに関連付けられたスプリントは、ロードマップの上部に月とともにリストされます。エピックの正確な日付を表示するには、スケジュール バーにカーソルを合わせます。開始日と終了日の両方があってボードに関連付けられているスプリントは、ロードマップの上部に月とともにリストされます。ロードマップ上のエピックの日付範囲を表示する方法をご確認ください。

現在、子課題のスケジュール バーはスクラム チームのみ利用できます。

個々の課題は、ロードマップのエピックに追加した場合のみ表示されます。課題の追加方法はいくつかあります。ロードマップからエピックに課題を追加する方法をご確認ください。

ロードマップには、ある程度のフィルターがあらかじめ組み込まれているため、課題が管理しやすくなり、作業の効率性が向上します。現時点では、ロードマップにはエピックが 300 件、課題が 3,000 件表示されます。また、ロードマップでは完了とみなされる課題は除外されます。

Jira Software で完了した課題の数

Jira Software は、課題が完了したかどうかを評価する際に 2 つの異なるフィールドを調べます。

  • 企業管理対象プロジェクトでは、課題が「進行中」から「完了」ステータスに移動したときに、事後処理で設定された課題の [解決状況] フィールドを調べます。Jira Software の [解決状況] フィールド事後操作の構成について、詳細をご確認ください。

  • チーム管理対象プロジェクトでは、課題のステータスのカテゴリが調べられます。課題は、「進行中」から「完了」にステータス カテゴリが移動すると、解決されたと見なされます。

ロードマップではステータス カテゴリの変更日に基づいて、完了した課題を定義します。これによって、ロードマップが常に同じフィールドを参照して、別のワークフローと混同されないようにします。

ロードマップでは [Status category change date (ステータス カテゴリ変更日)] を使って絞り込みます。

  • 1 年以上前に完了とマークされた課題。

  • 1 年以上前の期日を持つ、解決済みの課題。

ビュー設定を調整した場合でも、このロジックは常にロードマップに適用されます。

ロードマップにはフィルターが組み込まれており、課題が管理しやすくなり、作業の効率性が向上します。現時点では、ロードマップにはエピックが 300 件、課題が 3000 件表示されます。また、ロードマップでは完了とみなされる課題は除外されます。

ビュー設定を調整する

[設定を表示] メニューでは、表示するエピックを指定できます。ロードマップに [すべて]、[完了済み]、または [未完了] のエピックを表示するように、ビューを調整できます。

ロードマップのビュー設定パネルのトリミングされたスクリーンショット。さまざまな表示オプションが選択されたドロップダウン

1 年以上前に作成されたものも含め、未完了のエピックは常にロードマップで利用できます。

ロードマップに依存関係と進捗を含めるには、関連するチェックボックスをオンにします。除外するにはチェックボックスをオフにします。

ロードマップで利用できる追加情報を表示したビュー設定パネルのトリミングしたスクリーンショット

調整したロードマップが自動的に更新されて選択内容が表示されます。

最終更新日 2021年10月 8日)
次でキャッシュ 4:13 AM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ