Ted が Advanced Roadmaps を使用する方法 - シナリオとキャパシティ

このガイドの他のセクションでは、Advanced Roadmaps で使用可能なすべてのツールを取り上げています。しかし、そのオープンエンドの性質により、これらの概念をすべてひとまとめにするのは難しい場合があります。

使用可能なすべての機能を組み合わせる方法の 1 つを例示するために、Veridian Dynamics のプランナーが Advanced Roadmaps をどのように使用しているかを紹介します。

Ted の紹介

Ted は Veridian Dynamics の ADR チームを率いています。来年度のワークロードを確認した彼は、自分のチームでは対応しきれないことに気づき、別の開発者を加入させるための予算をリクエストします。主張を強化するために、Advanced Roadmaps を使用して、別の開発者がチームの開発タイムラインに与えるプラスの影響を示し、チームの目標達成にいかに貢献するかを明確にします。

Ted はプランをどのように設定するか

Ted は、"Ted’s Plan" という名前のプランを作成し、ADR ボードを課題ソースとして使用します。次に、[チーム] メニューに ADR チームを追加し、それを ADR ボードに関連付けます。

Ted は自分のプランでシナリオを有効にしてから、Advanced Roadmaps で新しいシナリオを作成します。

これで、プラン作成を開始できるようになりました。

Ted はチームの作業プランをどのように作成するか

Ted は、別の開発者がタイムラインにいかに貢献するかを証明するために、現時点の予想納入日を示す必要があります。タイムライン上のすべての課題をできる限り見積もります。作業の多くは遠い未来にまで及びますが、それぞれのタスクの想定所要時間を大まかに示します。

課題の見積もりが終了したら、タイムライン上の課題をチーム別にグループ化し、スプリント日に基づいて課題をスケジュールするように Advanced Roadmaps を設定します。

タイムラインでキャパシティを表示するために、Ted は Advanced Roadmaps プランをチーム別にグループ化します。

その後、キャパシティ計画ツールを使用して各スプリントに作業を割り当て、現在のキャパシティである 30 ストーリー ポイントに基づいて現在のチームの作業イテレーションの回数を決定します。

Ted のプランは Advanced Roadmaps に現在このように表示されます。

現在の見積もりでは、チームが現在のプロジェクトを完了するために必要なイテレーションは 7 回です。ここから、次のプロジェクトに対してプロセスを繰り返し、その年度の大まかなプランを作成します。

次に、Ted はチームのベロシティを高めるシナリオを作成する必要があります。Advanced Roadmaps でシナリオを有効にし、このプランに "Current team" という名前を付けます。

プランを比較するために、Ted は Advanced Roadmaps でシナリオ計画を有効にします。

その後、既存のシナリオを新しいシナリオにコピーし、"New hire" という名前を付けます。

Ted は Advanced Roadmaps で 2 つ目のシナリオを作成します。

新しいシナリオでは、Ted は新しい開発者の追加を反映してスプリントのキャパシティを増やし、この新しい処理能力に基づいて課題の割り当てを調整します。

Advanced Roadmaps に表示される Ted のプロジェクトに新しいキャパシティが反映されます。

作業が終了したら、別の開発者がいかにチームに貢献するかを提示できるようになります。新規雇用により、最初のプロジェクトは現在の予想よりもほぼ 1 か月早く終了します。そして、別の開発者を追加することで、1 年間を通して 6 週間の時間が解放されます。

Ted はこれを上司に提示しますが、その際、2 つのシナリオを切り替えて 2 つのタイムラインを対比させます。

その他の例:

Veronica が Advanced Roadmaps を使用する方法 - プロジェクト横断型のプランニング

その他の情報:

Advanced Roadmaps における課題ソースの詳細を確認する

Advanced Roadmaps におけるシナリオ計画の詳細を確認する

Advanced Roadmaps におけるキャパシティとベロシティの詳細を確認する

 

最終更新日 2021年10月 6日)
次でキャッシュ 11:10 PM on Nov 26, 2021 |

その他のヘルプ