Jira Automation のドキュメントが移動しました。

以前「Jira のプロセスとワークフローを自動化する」セクションにあった Jira Cloud Automation に関連するすべてのコンテンツ、新しい Cloud Automation のドキュメントに移動しました。

Cloud の自動化のドキュメントに移動する | これを行った理由

Advanced Roadmaps でカスタム階層レベルを設定する

このページでは、Jira Software Cloud Premium と Enterprise の一部としてのみ利用できる、プロジェクト横断的な計画ツールの Advanced Roadmaps について説明します。

Jira Software プランのすべてに含まれるプロジェクト ロードマップについては、ドキュメントのセクションが別途用意されています。Jira Software のプロジェクト レベルのロードマップに関するドキュメントをご参照ください

 

このセクションで説明するプロセスは、Jira Software 管理者権限を持っているユーザーのみが行えます。

Advanced Roadmaps の重要な機能の 1 つは、エピックの上に階層レベルを追加できることです。これらの追加のレベルを使用して、プランにおける組織のより大きなイニシアチブを追跡し、プロジェクト間の作業を統合することができます。

このドキュメントでは、通常、エピックより上のレベルをイニシアチブと呼びますが、必要な数だけレイヤーを追加できます。組織の命名構造に従ってこれらのレベルに名前を付けるか、「凡例」、「オデッセイ」、「アンソロジー」などの一般的なタイトルを使用できます。レベルに「モノリス」や「全能」などの名前を付けて楽しむこともできます。すべてはあなた次第です。

エピックより上のレベルでプランを作成するには、管理者は事前に Advanced Roadmaps 階層レベルを Jira 課題タイプに関連付ける必要があります。Advanced Roadmaps では、課題タイプ スキームで定義されている Jira 課題タイプの順序に関連するものの、それには依存しない独自の階層構造が使用されるためです。

新しいカスタム階層レベルの追加は、3 つのステップから成るプロセスです。課題タイプが既に存在し、プロジェクトの課題タイプ スキームに含まれている場合は、このプロセスのステップ 3 までスキップしてください。

階層設定の変更は、この課題スキームを使用する既存のすべてのプランに適用されます。

1. Jira Software で課題タイプを作成する

  1. > [課題] の順に選択します。

  2. 左側の列で [課題タイプ] > [課題タイプを追加] の順に移動します。

  3. 新しい課題タイプの名前と説明を入力します。

  4. 標準課題タイプか、サブタスク課題タイプのいずれかを選択します。

    1.  標準の課題タイプはエピック レベル (通常はイニシアチブと凡例) の上に配置されますが、サブタスク課題タイプはサブタスクと併せてストーリー レベルの下に配置されます。 

  5. 追加 を選択します 。

2. Jira Software のスキームに課題タイプを追加する

  1. > [課題] の順に選択します。

  2. 左側の列から [課題タイプ スキーム] を選択します。

  3. 該当の課題タイプ スキームを見つけて、編集 をクリックします。

  4. 名前、説明、既定の課題タイプ、選択した課題タイプを編集します。

    1. スキームに課題タイプを追加するには、[利用可能な課題タイプ] から [現在のスキームの課題タイプ] にドラッグします。このボックスに表示される順序は、Jira Software 内の階層構造を表します。たとえば、ストーリーの下に "バグ" 課題タイプを追加すると、ストーリーがその親課題タイプであると見なされます。

  5. 完了したら [保存] を選択します。

3. Advanced Roadmaps プランでカスタム階層レベルを追加する

  1. 課題タイプを作成し、課題タイプ スキームに追加したら、 > [製品] を選択し、左側のメニューから [Advanced Roadmaps 階層構成] を選択します。

  2. この画面のメニューでは、Jira 課題タイプを Advanced Roadmaps の階層レベルに関連付けることができます。[レベル名] というラベルの付いた左の列は Advanced Roadmaps の階層構造であり、[Jira 課題タイプ] というラベルの付いた右の列はスキームで構成された課題タイプです。

    1. 新しいレベルを追加するには、メニューの下部にある [+ レベルを作成] を選択します。新しい Advanced Roadmaps レベルに名前を付け、[Jira 課題タイプ] 列のドロップダウンを使用して課題タイプに関連付けます。

    2. 階層構造を再編成するには、レベルを希望の順序にドラッグ アンド ドロップします。このリストの順序は、Advanced Roadmaps における階層レベルの表示に影響するだけで、前に構成した Jira 課題タイプ構造には影響しません。

  3. レベルを設定したら、[変更を保存] を選択します。

  4. ロードマップ ビューの [フィルター] メニューで階層フィルターを調整し、タイムラインに新しい階層レベルを含めます。

Jira Software の課題でカスタムの階層レベルの関係を表示するには、[] フィールドを課題に追加する必要があります。

Jira の課題にカスタム フィールドを追加する方法をご確認ください。

コーヒーを淹れてウィニング ランを楽しみ、誰かとハイタッチしましょう。これで終了です。

 

その他のヘルプ