プロジェクト タイプ別の課題タイプの違い

課題タイプを使用すれば、さまざまな作業タイプを独自の方法で区分化でき、Jira サイト全体でチームの作業を見つけて分類やレポートがしやすくなります。課題タイプの詳細をご確認ください。

チーム管理対象プロジェクトでは、課題タイプは作業のプライマリ コンテナーです。課題タイプは、関連情報を独自のフィールドにキャプチャすることでタスクのタイプを定義します。Jira では、ユーザーがプロジェクトに追加するカスタム フィールドが制限されています。Jira サイト上では、他のプロジェクトとカスタム フィールドを共有できません。チーム管理対象の課題フィールドに関する詳細をご確認ください

企業管理対象プロジェクトでは、課題タイプは、タスクのソートやレポートに役立つラベルとして機能します。課題タイプは、Jira 管理者が「スキーム」と呼ばれるマッピングで他の設定をつなぎ合わせるために役立ちます。たとえば、Jira 管理者は「課題画面スキーム」を通じてカスタム フィールドをプロジェクトの課題にマッピングできます。通常、Jira 管理者は Jira サイト上の多数のプロジェクトにまたがってこれらのフィールドを共有します。課題画面の詳細をご確認ください

チーム管理対象プロジェクトと企業管理対象プロジェクトを比較します

 

その他のヘルプ