企業管理対象プロジェクトのボードにあるインサイトを理解する

インサイトは最新のブラウザ機能を使用します。現在サポートされているブラウザをご確認ください。

スプリントの進捗

スプリント進捗インサイト カードのトリミングされたスクリーンショット。データが可視化され、作業のうち一部完了しており、ほとんどが進行中であることを示しています。

デイリー スクラム ミーティングでインサイトを活用しましょう。ボード全体を確認すると、スプリントの進捗を確認し、完了の可能性を把握できます。

各ステータス カテゴリ間のスプリントの進捗を正確に把握することで、自身やチームは方向転換、期待の設定、または仕事の把握をよりうまく行えるようになります。

バーは、各ステータス カテゴリに割り当てられたストーリー ポイント、問題、または時間の数で分割されています。プロジェクトでストーリー ポイントが有効になっている場合は、各課題へのポイント追加時に進捗バーが更新されます。

開始されていない部分、進行中の部分、完了済みの部分、およびそれぞれの割合が一目でわかります。

各ステータス カテゴリ セクションにカーソルを合わせると、ストーリー ポイント、課題数、または推定時間別の内訳が表示されます。

エピックの進捗

現在のスプリントによって処理されている 2 つのエピックを示す、エピック進捗インサイトのトリミング済みのスクリーンショット。

スプリントがエピックにどのように貢献しているかを確認することで、目標達成まで優先度を注視して予定通りに作業を進められます。

Please note that epics can be renamed. The information in this article is relevant, regardless of what epics are called in your instance.

多くの場合、エピックは大きな目標、プロジェクト、または結果を表しています。スクラム チームは一度にすべてに取り組むのではなく、大きな目標を小さな作業に分割して、時間枠を設けたスプリントに追加します。

エピックの進捗インサイトでは、スプリントで行っている作業を、より大きな目標、結果、エピックと結びつける際に役立ちます。つまり、スプリントには、ローンチ プランなど、1 つのエピックに向けて取り組む課題のみが含まれます。または、複数のエピックを進行させるために、チームがスプリントで作業を分解、取り組み、追加する場合もあります。

また、インサイトは、スプリントの課題がエピックに向けて機能していないことを示す場合があります。これは、課題がエピックに割り当てられていないことが原因の可能性があります。作業がエピックに割り当てられているにも関わらずインサイトに表示されない場合は、推定統計をご確認ください。現在、インサイトはストーリー ポイント、見積もり時間、課題数をサポートしています。

スプリント バーンダウン

[順調] ステータスでスプリント バーンダウン インサイトがトリミングされたスクリーンショット

スプリントの進捗を常に確認しましょう。目標に対するアウトプットを頻繁に追跡することで、焦点をシフトしたり、勢いを維持したり、時間をかけて自分のペースで取り組んだりできます。

スプリント全体を通して、あなたとそのチームが計画された作業量と比較して残りの作業量を正確に追跡できます。これによって労力の管理や調整を行い、トレンドへの対応に十分な時間を使えるようになります。

Y 軸は、スプリントにコミットされた作業の総量を示します。作業が完了すると、パーセンテージとそれに対応する青のラインが減少して、残りの作業量を示します。

灰色の水平線は目安を示します。スプリントの終了日までに 0% に達することを基準として、その時点で予想されるおおよそのパーセンテージを表わしています。

これらの視覚表示に加えて、スプリント バーンダウンでは、完了したポイントまたは課題数、残りのポイントまたは課題数を計算する吹き出しが提供されます。これはステータス バッジと併用されて、ステータスを反映します。これらには、次のものが含まれています。

順調
チームの進捗は目安の速度以上です。

注意
チームの進捗は目安の速度よりも遅い状況です。このステータスは、ワークロードと速度を見直す必要があることを示しています。

[注意] ステータスでスプリントの作業が順調に進んでないことを示すバーンダウン インサイトがトリミングされたスクリーンショット

これによって、あなたとそのチームが容易に追跡できて、必要に応じて変更を加えられます。残りの作業量を示す青く塗られたエリアにカーソルを合わせてください。

注目すべき課題

切り抜きスクリーンショット: 注目すべき課題としてマークされていてフラグ付きでブロックされている課題のリスト

フラグ付きまたはブロックされた各課題をスプリントで常に把握することで、影響を評価して依存関係に取り組み、作業を滞りなく進められます。

注目すべき課題のインサイトはフラグ付きの課題や他の依存する課題によってブロックされている課題を洗い出すことで、現在のスプリント内で優先度が高い作業に容易に対処できるようにします。

課題の右上にある [詳細] () メニューに移動すると、課題にフラグを付けられます。ブロックされた課題はクイック追加 (リンク アイコン) ボタンにある [Blocked by (ブロックした人)] リンクによって、依存関係にリンクされます。

フラグ付きとブロックされた両課題は、いずれもバックログに表示される順序で表示されます。しかしながら、課題がフラグ付きで別のユーザーにブロックされている場合、インサイトにはフラグ付きのステータスが最初に表示されます。これは、特定の課題が重要な課題としてマークされており、より迅速な対応が必要であることを示すためです。

インサイトでフラグ付きの課題またはブロックされた課題にカーソルを合わせて選択し、表示します。フラグ付きの課題またはブロックされた課題が 5 個を超える場合はインサイトの下部にリンクが表示されるため、注目すべき課題すべてを表示できます。

このインサイトは [Blocked by (ブロックしたユーザー)] リンクの既定のステータスに依存していることにご注意ください。リンクが変更されると、課題はこのインサイトに表示されません。修正された [Blocked by (ブロックしたユーザー)] リンクを使用していてフラグが付いている課題は、フラグ付きとして表示されます。

その他のヘルプ