チーム管理対象プロジェクトでサブタスクを管理する

このページは チーム管理対象 プロジェクト

プロジェクト サイドバーの左下に [企業管理対象プロジェクトをご利用中です] とある場合は、企業管理対象プロジェクトの記事をご覧ください

企業管理対象プロジェクトとチーム管理対象プロジェクトの違いに関する詳細。

Jira では課題にサブタスクをそれぞれ割り当て、追跡できます。これにより、プロジェクト内の作業を、管理しやすい小さなサイズに分割できます。

サブタスク課題タイプを追加する

サブタスク課題タイプは、通常の課題タイプとは異なります。プロジェクトにサブタスク課題タイプがない場合は追加します。

  1. チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. [プロジェクト設定] > [課題タイプ] に移動します。

  3. [課題タイプを追加] を選択します。

  4. [サブタスク] を選択します。

サブタスクの作成

標準課題の下にストーリー、バグ、タスクなどのサブタスクを作成できます。ただし、エピックなどのサブタスクの下にはサブタスクは作成できません。

課題を表示しているとき

  1. ボードまたはバックログ上で課題を選択します。

  2. [子課題を追加] を選択します。

  3. サブタスクの説明を入力し、[作成] を選択します。

課題の詳細から子課題を追加します。

ボードでの操作

  1. チーム管理対象プロジェクトのボードで、[グループ分け] の横の [サブタスク] を選択します (プロジェクト管理者のみ)。

  2. [課題の作成] (+) を選択して、その課題にサブタスクを作成します。

ボードをサブタスクでグループ化します。

ボードでサブタスクを表示する

この設定にはプロジェクト管理者のみがアクセスできることに注意してください。

  1. チーム管理対象プロジェクトのボードに移動します。

  2. [グループ分け] ドロップダウンで [サブタスク] を選択します。各スイムレーンのヘッダーが通常の課題となり、各ヘッダーの下のカードがプロジェクトのサブタスクを表します。その後、これらのサブタスクを他の課題と同様に列の間で移動できます。

親課題が消去されると、各サブタスクのステータスに関係なくそのサブタスクも消去されます。つまり、ボードから消去された親課題にサブタスクが属している場合、そのサブタスクは表示されません。

最終更新日 2021年05月31日)
次でキャッシュ 8:59 PM on Aug 3, 2021 |

その他のヘルプ

コミュニティに質問