Jira Software に機能フラグを接続すると、チームはリリースのデプロイ後すぐに、新しい課題ビューでリリースのステータスの詳細情報を確認することができます。 

[リリース] セクションには現在の機能フラグのステータスが要約され、ツールチップで次のような詳細情報を確認できます。

  • 課題に接続されている機能フラグの数
  • 有効化されている機能フラグ
  • ロールアウトされているカスタマーの割合
  • ルールが適用されているフラグ

新しい課題ビューを有効にするには、自分のアバター > [プロファイル] > [ラボ] の下で [新しい課題ビュー] を有効にします。

Jira Software をリリース ツールに接続する

アトラシアンでは現在、機能フラグ管理向けに LaunchDarkly と Rollout をサポートしています。


予期しない結果になる可能性があるため、両方の機能フラグ アプリを同時にインストールすることはおすすめしません。

アプリのインストール

機能管理アプリは Atlassian Marketplace からインストールできます。

これらのアプリをインストールするには、管理者 (site-adminsadministrators または jira-administrators グループのメンバー) である必要があります。

  1. > [アプリ] を選択します。
  2. [新しいアプリを検索] をクリックします。 
  3. 有効にするアプリを Marketplace で見つけます。
    1. LaunchDarkly for Jira
    2. Rollout.io
  4. アプリをクリックして詳細ビューを表示します。
  5. [インストール] をクリックします。

アプリの設定

LaunchDarkly

  1. > [アプリ] を選択します。
  2. [アプリの管理] をクリックします。 
  3. リストで LaunchDarkly を見つけます
  4. アプリをクリックして詳細ビューを表示します。
  5. [構成] をクリックします。
  6. ご利用の LaunchDarkly API キーを追加します。
  7. 保存 をクリックします。

Rollout

  1. プロジェクトに移動して [プロジェクト設定] をクリックします。 
  2. [Rollout.io 連携] を選択します。
  3. [接続] をクリックします。

機能フラグの作成と接続

[リリース] セクションで [+ 機能フラグの追加] を選択すると、連携したツールに応じて、新しいフラグの作成または既存フラグへの接続を行うオプションが表示されます。迅速な接続のため、関連情報がユーザーのフラグ提供元に提供されます。

関連オプションを選択したら、プロバイダのサイトに転送されます。そこでプロセスを完了します。

詳細については、以下を参照してください。

フラグに Jira 課題キーがリンクされると、以下が表示されます。

  1. [リリース] セクションに機能フラグのステータスが表示される
  2. 機能フラグのステータスの詳細を表示するツールチップ。
    以下の例では、フラグはカスタマーの 100% にロールアウトされています。