製品アクセス設定の更新

コンテンツの正しい表示

admin.atlassian.com で、ご利用の組織から [ユーザー] と [グループ] の各リストが [ディレクトリ] タブにある場合は、改善されたユーザー管理コンテンツを表示します。

[ユーザーとグループ] ではなく新しい [ディレクトリ] タブを表示する、新しい admin.atlassian.com ビューの図

製品アクセス設定によって、ユーザーによるサインアップ時またはそれ以降にどのユーザーがどの製品にアクセスできるかを制御できます。

Jira Service Management カスタマーは、ご利用のプランのユーザー数を消費しないユーザーです。Jira Service Management カスタマーはライセンスを付与されないユーザーであるため、初期設定の製品アクセス設定にかかわらず Jira Service Management カスタマーに製品へのアクセス権を付与できません。Jira Service Management のお客様に関する詳細については「リクエストに対応するサービス プロジェクト ユーザーをセットアップする」をご参照ください。

製品アクセス設定を更新するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com で、ご使用のサイトの [管理] に移動します。複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. 左側の [製品アクセス] を選択します。

既存のユーザーに製品アクセスを付与する

1 人以上の既存のユーザーに製品へのアクセス権を付与する場合、ユーザーを新しいグループまたは既存のグループに追加できます。

グループのユーザーに製品アクセス権を付与するには、次の手順を実行します。

  1. グループがまだ存在しない場合は「グループを作成して更新する」の説明に従ってグループを作成します。

  2. 製品名の下で、[グループの追加] をクリックし、追加したいグループを検索および選択してから、[追加] をクリックします。

1 人のユーザーに製品アクセスを付与するには、次の手順を実行します。

  1. 製品名の下で、ユーザーを追加するグループを決定します。グループが不明な場合、[初期設定のアクセス グループ] アイコンが表示されているグループを選択します。

  2. ユーザーを追加するグループのドロップダウンから [グループの詳細を表示] を選択します。

  3. [メンバーの追加] をクリックし、追加したいメンバーを検索および選択してから、[追加] をクリックします。

匿名ユーザー (ログインしていないユーザー) に製品へのアクセス権を付与することもできます。匿名ユーザーはプランに計上されません。匿名ユーザーへのアクセス権の付与の詳細については、以下を参照してください。

新しいユーザーに製品アクセスを付与する

新しいユーザーにアクセス権を自動的に許可する製品を指定できます。これらの設定は、サイトに招待された新しいユーザー、およびサイトに自身で参加した新しいユーザー (サイト設定で許可されている場合) に適用されます。新しいユーザーが製品へのアクセス権を取得すると、そのユーザーは自動的に製品の初期設定のアクセス グループに追加されます。各製品には 1 つ以上の初期設定のアクセス グループが必要です。

たとえば、サイトに Jira Software と Confluence の 2 つの製品があるとします。スクリーンショットに示すように、新しいユーザーが Jira Software のアクセス権が付与されるが Confluence アクセス権は付与されないように指定できます。この状況では、次のようになります。

  • サイトにユーザーを招待した場合、自動的に Jira Software のアクセス権が付与されますが、Confluence のアクセス権は付与されません。

  • サイト設定で特定のメール アドレス ドメインを使用するユーザーの参加を許可している場合、参加したユーザーには Jira Software へのアクセス権が付与されますが、Confluence へのアクセス権は付与されません。

  • すべての新しいユーザーは、Jira Software の初期設定のアクセス グループである jira-software-users グループに追加されます。

製品へのアクセス権を付与するグループを表示してセットアップする

既定の製品アクセス設定の更新で行える操作については、以下の表を確認してください。

操作

詳細

新しいユーザー用に既定の製品アクセスを指定する

製品名の下で、[新しいユーザーにこの製品へのアクセス権を付与する] トグルを有効にします。

ユーザーが追加される、初期設定の製品アクセスを持つグループを指定する

[オプション] 列で、グループのドロップダウンから [これをグループをの初期設定にする] を選択します。

初期設定のアクセス グループとしてのグループの使用を停止する

[オプション] 列で、グループのドロップダウンから [これをグループの初期設定にしない] を選択します。

各製品には 1 つ以上の初期設定のアクセス グループが必要です。

グループが [管理アクセス] タブに表示されている場合、そのグループを [製品アクセス] に追加できますが、初期設定のアクセス グループとして設定することはできません。

ユーザーに製品管理権限を付与する

グループ メンバーシップを使用して、ユーザーにサイトおよび製品管理者権限を付与できます。製品管理権限を付与するグループを指定できます。スクリーンショットでは、次のようになっています。

  • 次のグループのユーザーが Jira 管理者 (Jira 設定、プロジェクト、ワークフローなどを管理可能) です: administratorsjira-administrators、または site-admins

  • 次のグループのユーザーが Confluence 管理者 (Confluence 設定、スペース、権限などを管理可能) です: administrators または site-admins

製品アクセス画面の「管理アクセス」タブ。製品管理者権限を付与するグループを指定できます。

ユーザーに製品管理アクセスを付与するには、次の手順を実行します。

  1. [製品アクセス] 画面で、[管理アクセス] タブを選択します。

  2. [オプション] 列で、ユーザーを追加するグループのドロップダウンから [グループの詳細を表示] を選択します。

  3. [メンバーの追加] をクリックし、追加したいメンバーを検索および選択してから、[追加] をクリックします。


ユーザー管理エクスペリエンスの向上

製品アクセス設定によって、ユーザーの招待時またはユーザーによるサインアップ時、またはそれ以降にどのユーザーがどの製品にアクセスできるかを制御できます。

Jira Service Management カスタマーは、支払った製品のユーザー数を消費しないユーザーです。Jira Service Management カスタマーはライセンスを付与されないユーザーであるため、初期設定の製品アクセス設定にかかわらず Jira Service Management カスタマーに製品へのアクセス権を付与できません。Jira Service Management のお客様に関する詳細については「リクエストに対応するサービス プロジェクト ユーザーをセットアップする」をご参照ください。

既存のユーザーに製品アクセスを付与する

1 人以上の既存のユーザーに製品へのアクセス権を付与する場合は、ユーザーを新しいまたは既存のグループに追加できます。グループがまだ存在しない場合は「グループを作成して更新する」の説明に従ってグループを作成します。

1 人のユーザーに製品アクセスを付与するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [ディレクトリ] > [ユーザー] の順に選択します。

  3. ユーザーを選択します。

  4. ユーザーがアクセスできない製品の一覧を表示するには、[製品の追加] を選択します。

  5. [製品] の [プロダクト ロール] ドロップダウンから、プロダクト ロールを選択します。

  6. [許可] を選択します。

グループのユーザーに製品アクセス権を付与するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. ヘッダーから [製品] を選択します。

  3. ユーザーにアクセスを許可する製品で、[アクセスを管理] を選択します。

  4. 製品詳細ページで、ページ上部の [グループの追加] を選択します。追加するグループを検索して選択し、プロダクト ロールを選択し、[追加] を選択します。
    これにより、そのグループ内のすべてのユーザーに製品アクセス権が付与されます。

グループのユーザーに複数の製品へのアクセス権を付与するには、次の手順を実行します。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [ディレクトリ] > [グループ] の順に選択します。

  3. アクセス権を付与するグループを選択します。

  4. [グループの製品アクセス] テーブルで、[製品の追加] を選択します。

  5. 追加する製品と製品ロールを選択し、[追加] を選択します。

匿名ユーザー (ログインしていないユーザー) に製品へのアクセス権を付与することもできます。匿名ユーザーはプランに計上されません。匿名ユーザーへのアクセス権の付与の詳細については、以下を参照してください。

新しいユーザーに製品アクセスを付与する

新しいユーザーにアクセス権を自動で許可する製品を指定できます。これらの設定は、組織に招待されたおよびサイトに自身で参加した新しい各ユーザー (設定で許可されている場合) に適用されます。新しいユーザーが製品へのアクセス権を取得すると、そのユーザーは製品の初期設定のアクセス グループに自動で追加されます。各製品には 1 つ以上の初期設定のアクセス グループが必要です (複数可)。

たとえば、サイトに Jira Software と Confluence の 2 つの製品があるとします。新しいユーザーが Jira Software のアクセス権が付与されるが Confluence アクセス権は付与されないように指定できます。この状況では、次のようになります。

  • サイトにユーザーを招待した場合、自動的に Jira Software のアクセス権が付与されますが、Confluence のアクセス権は付与されません。

  • サイト設定で特定のメール アドレス ドメインを使用するユーザーの参加を許可している場合、参加したユーザーには Jira Software へのアクセス権が付与されますが、Confluence へのアクセス権は付与されません。

  • すべての新しいユーザーは、Jira Software の初期設定のアクセス グループである jira-software-users-<sitename> グループに追加されます。

Confluence Premium (グループを含む)、グループあたりのメンバー数、既定のグループ、プロダクト ロール

製品詳細ページから既定の製品アクセス設定の更新で行える操作については、次の表を確認してください。

操作

詳細

新しいユーザー用に既定の製品アクセスを指定する

[新しいユーザーはこの製品にアクセスできます] トグルを有効にします。

ユーザーが追加される、初期設定の製品アクセスを持つグループを指定する

グループの 3 点アイコンから [既定のグループ設定を更新] を選択します。

次に、どのロールをこのグループの既定のロールにするかを選択します。

初期設定のアクセス グループとしてのグループの使用を停止する

グループの 3 点アイコンから [なし] を選択します。

各製品には 1 つ以上の初期設定のアクセス グループが必要です。

グループがあるロールの既定のアクセス グループである場合、そのグループを同じ製品の別のロールに対する既定のアクセス グループにはできません。たとえば、Confluence 管理者グループが Confluence 管理者ロールの既定のアクセス グループである場合、そのグループを Confluence ユーザー ロールの既定のアクセス グループにはできません。

ユーザーに製品管理権限を付与する

グループ メンバーシップを使用して、ユーザーにサイトおよび製品管理者権限を付与できます。製品管理者権限を取得するグループを指定できます。次に例を示します。

  • 次のグループのユーザーが Jira 管理者 (Jira 設定、プロジェクト、ワークフローなどを管理可能) です: administrators-<sitename>jira-admins-<sitename>site-admins-<sitename>

  • 次のグループのユーザーが Confluence 管理者 (Confluence 設定、スペース、権限などを管理可能) です: administrators-<sitename> または site-admins-<sitename>

グループによって、複数のユーザーに対して製品の管理者権限をすばやく付与できます。また、ユーザーに対して管理者権限を個別に付与できます。ユーザーに管理者権限を付与する方法をご確認ください

Jira 管理者グループ メンバー リスト。[グループ メンバーを追加] ボタン

その他のヘルプ