robotsnoindex

いくつかの時点で、同時に複数の問題を変更する必要があるかもしれません。一括操作を行うことで実現できます。

一括操作の中には、制限が設定されているものがあります。たとえば、異なるワークフローを持つ複数の課題を選択した場合、同じワークフローの課題をグループにして、一度に 1 つのグループ単位でトランジションすることしかできません。制限については、該当のセクションで詳しく説明します。

tip/resting Created with Sketch.

Jira 全体で外観を統一し、1 つの画面で表示と編集が可能な新しい課題ビューをロール アウトしています。外観が少し変更され、一部の手順が変更されています。「新しい Jira 課題ビューとはで変更点をご確認ください

はじめる前に

一括操作を実行するには、一括変更を実行グローバル権限と各プロジェクトの関連する権限が必要になります。たとえば、課題のグループを同時に移動するには、課題の移動プロジェクト権限と一括変更を実行グローバル権限が必要になります。 

課題の検索と一覧の選択

以下の各手順では、必要なフィルタを使用して検索を実行し、課題の一覧を生成する必要があります。

  1. [検索] > [すべての課題を表示] を選択します。
  2. 検索条件を調整し、課題の適切な一覧が表示されるようにします。
  3. [More (その他)] (•••)、[<n> 件の課題を一括変更] の順に選択します。
  4. 一括操作を行いたい課題を選択し、次へを選択します。

これを完了すると、課題のトランジション削除移動編集、またはウォッチ/ウォッチ解除に進むことができます。

課題の更新内容を選択するときに、[この更新をメール通知する] オプションの選択を解除できます。これにより、編集中の課題に取り組んでいるすべての人に多数の通知が送信されないようにします。通知が送信された場合、影響を受ける課題をウォッチしている全ユーザーがそれを受け取る可能性があります。

複数課題のトランジション

この一括変更により、ワークフローを通じて複数の課題を同時にトランジションできるようになります。トランジションの一括操作は一度に 1 つしか実行できません。また、トランジションを完了するために必要な値をすべて指定する必要もあります。たとえば、複数の課題をクローズするには、[解決状況] フィールドに [完了]、[修正済み]、[修正しない]、などの値を指定する必要があります。

  1. [課題のトランジション]、[次へ] の順に選択します。
  2. 利用可能なワークフロー アクションを選択します。使用可能なアクションは、選択した課題(および関連するワークフロー)によって異なります。次へ を選択します。
  3. トランジションのために必要なフィールドの値を選択し、可能であればメールでの通知を送信したいかを決定します。次へ を選択します。
  4. 一括操作を確認して、問題がなければ [確認] を選択します。

複数課題の編集

この一括操作では、複数の課題を同時に編集できます。利用可能な一括編集操作は、選択した課題と変更したいフィールドの性質に依存します。

  1. [課題の編集]、[次へ] の順に選択します。
  2. 編集する情報を選択します。

  3. 任意の必須フィールドの値を選択します。可能な場合は、メール通知を送信するかどうかを決定してから [次へ] をクリックします。
  4. 一括編集を確認して [確認] を選択します。

複数の課題を削除

この一括変更では、複数の課題を同時に削除できます。

  1. [課題の削除]、[次へ] の順に選択します。
  2. 可能な場合は、メール通知を送信するかどうかを決定して [次へ] を選択します。
  3. 一括操作を確認して、問題がなければ [確認] を選択します。

課題の一括移動

一括操作を使用すると、複数の課題を別のプロジェクトに一括で移動できます。次のような場合にこれを実行できます。

  • 別のスタイルのプロジェクト (チーム管理対象または企業管理対象) を試してください。

  • プロジェクトを整理してよりクリーンなバックログを保持する

  • チームの要件に対応する、など。

課題を一括で移動する際に一部のデータが失われる場合があります。 課題の一括移動時に失われるデータの詳細をご確認ください。.

To bulk move issues, you must have the 一括変更の実行 グローバル権限。 グローバル権限の詳細をご覧ください。.

複数の課題を別のプロジェクトに移動するには、次の手順を実行します。

  1. ナビゲーションから、[検索] を選択します。

  2. [課題の高度な検索] を選択します。

  3. 移動する課題を検索します。課題の検索の詳細をご確認ください

  4. [More (その他)] (…) > [全 <n> 件の課題を一括変更] の順に選択します。

  5. 移動する課題、[次へ] の順に選択します。

  6. [課題の移動] 一括操作、[次へ] の順に選択します。

  7. 宛先のプロジェクトと課題タイプを選択します。課題の一括移動時の、宛先プロジェクトと課題タイプの選択についての詳細をご確認ください

  8. 必要に応じて、宛先プロジェクトと一致するようにステータスをマッピングし、フィールドを更新します。ステータスのマッピングフィールドの更新の詳細についてご確認ください。

  9. 変更を確認して [確認] を選択します。

企業管理対象からチーム管理対象プロジェクトに課題を移動させた場合、一部のデータは転送されません。

企業管理対象プロジェクトからチーム管理対象プロジェクトに課題を移動する場合は、課題のコンポーネントとバージョン情報は保持されません。課題を移動すると、この情報は完全に削除されます。

プロジェクト間で移動する際に留意すべき点の詳細をご確認ください。.

Select destination project and issue types while bulk moving issues

Jira サイト上では、課題を別のプロジェクトに一括で移動させることができます。これによって、プロジェクトの作業領域を整理し、すべての課題が担当のチームに関連付けられた状態を保持することができます。同じプロジェクト内の課題タイプ間で課題を一括移動し、必要な作業を追跡できる適切なワークフローやフィールドを提供することもできます。

宛先プロジェクトの課題は、名前が同じであっても、ソース プロジェクトとは異なる設定を持つ場合があります。課題タイプが異なるワークフローを使用している場合、課題を一括移動するとデータが失われる可能性があります。そのため宛先のプロジェクトと課題タイプを選択する際は、ステータスとフィールドをマッピングする必要があります。ターゲット プロジェクトや課題タイプによって、ステータスやフィールドの移行に追加手順が必要かどうかが決定されます。

課題にサブタスクがある場合は、 サブタスクも宛先プロジェクトに移動する必要があります。.

課題の一括移動時にステータスをマッピングする

宛先プロジェクトの課題タイプ ワークフローのステータスが、ソース プロジェクトの課題タイプ ワークフローと異なる場合があります。ソースと宛先のプロジェクト リードにプロジェクト ワークフローの詳細を確認することをおすすめします。複数のワークフローを同時にアクティブにできるほか、一連の課題に関連付けられた一部のステータスがターゲット ワークフローでは有効ではない可能性があります。

一括移動のための宛先のプロジェクトと課題タイプを選択したら、移行後に課題に適用すべきステータスを選択することで、ソース プロジェクトのステータスを新しいワークフローの適切なステータスにマッピングできます。

tip/resting Created with Sketch.

ステータスをマッピングする際は、課題を類似したステータス カテゴリにマッピングするか、次のタスクの割り当てを待っているプロジェクト チームに割り当てることをおすすめします。

一括移動の操作を完了する前に、プロジェクト リードと連携して、最適なステータス マッピングを確認するようにします。

課題の一括移動時にフィールドを更新する

宛先プロジェクトの課題タイプがソース プロジェクトのフィールド設定と異なる場合があります。フィールドの値を更新するか、現在の値を保持できます。

ステータスをマッピングした後、必須フィールドの値を更新できます。表示されている各フィールドに対し、移動する課題に表示する値を更新するか、[保持] を選択してフィールドの値を変更せずに残します。

While selecting Retain, the fields need to be of the same custom field type and they need to be named the same.Jira でフィールドの値は表示されない場合がありますが、値はバックグラウンドで保存されます。

同時に編集できる情報

利用可能な操作

条件

変更が影響するバージョン

  • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

割り当ての変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の割り当て" 権限を持っている

コメントの変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "コメントの追加" 権限を持っている

コンポーネントの変更

  • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはコンポーネントがある
  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

期限の変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題のスケジュール作成" 権限を持っている

バージョンの修正を変更

  • 選択した課題は 1 つのプロジェクトに所属し、そのプロジェクトにはバージョンがある
  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

課題タイプの変更

  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

優先度の変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている

報告者の変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "報告者の修正" 権限を持っている

セキュリティレベルの変更

  • このフィールドは選択した課題が所属するフィールド設定では表示されます
  • 選択されたすべての課題が、同じ課題レベル セキュリティ スキームに割り当てられている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題の編集" 権限を持っている
  • 現在のユーザーが、選択されたすべての課題の "課題セキュリティの設定" 権限を持っている

カスタムフィールドの変更

「カスタムフィールドの変更」操作は次の場合にのみ使用できます:

  • グローバルなカスタムフィールドがあるまたは
  • 課題タイプのカスタムフィールドが存在し、課題はすべてこの特有の課題タイプであるまたは
  • プロジェクトのカスタムフィールドが存在し、課題がすべて同じプロジェクトである

クローズドされた課題の編集

  • ワークフローで、クローズドされた課題の編集が許可されている必要があります
組織の変更
  • Jira Service Management で利用可能
  • 課題は同じプロジェクト内に存在する必要があります
  • プロジェクトのエージェントロールを持っている必要があります
スプリントの変更

Sprint ID を指定する必要があります。

  • この操作はアクティブなスプリントと将来のスプリントにのみ影響します。例:スプリントフィールドを一括編集する際、クローズド/完了したスプリントは含まれません。

利用できない操作

このセクションに記載されているフィールドには一括編集操作はありません。これには、代替方法がある、または一括編集の実行が論理的でないなどの理由があります。

次のシステムフィールドは一括編集を使用できません:

  • 添付ファイル
  • 要約
  • 説明
  • 環境
  • プロジェクト - プロジェクト間で課題を移動させる場合は「一括移動」を使用してください
  • 解決状況 — 課題の解決状況を変更する場合は、「一括ワークフロートランジション」を使用してください
  • 時間管理 フィールド — 元の見積もり、残余見積、消費時間

次のカスタム フィールド タイプは一括編集で利用できません。

  • インポート ID
  • 読み取り専用のテキスト

複数の課題のウォッチとウォッチの停止

これらの一括変更では、複数の課題に対して、同時にウォッチを開始したり、停止したりすることができます。

複数課題のウォッチを開始する手順:

  1. [課題のウォッチ] > [次へ] の順に選択します。
  2. 一括変更を確認して [確認] を選択します。

複数の課題のウォッチを停止する手順: 

  1. [課題のウォッチ中止]、[次へ] の順に選択します。
  2. 一括変更を確認して [確認] を選択します。