コード情報を有効にする

以降の情報はチーム管理対象プロジェクトにのみ適用されます

どのタイプのプロジェクトの情報を参照すべきかが不明な場合は、プロジェクトのサイドバーの下部をご確認ください。[フィードバックを送信] と [詳細] の各メニュー項目が表示される場合は、チーム管理対象プロジェクトを利用しています。そうではない場合は、企業管理対象プロジェクトを利用しています。

チームのコード リポジトリ ツールを Jira Software プロジェクトにリンクして、課題とコードのシームレスな統合を実現します。すべてのセットアップが完了すると、チームはブランチの表示と作成、コミットの表示、プル リクエストの表示と作成、ビルドの表示を、Jira から離れずに行えます。

チーム管理対象プロジェクトのコード情報を有効化する

プロジェクト管理者のみがチーム管理対象プロジェクト機能のオンとオフを切り替えられます。

  1. チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. [プロジェクト設定] > [機能] の順に移動します。

  3. [コード] 機能を有効化/無効化します。

ソース コード管理ツールを Jira Software に接続する

このパートでは、ソース コード管理ツールで Jira 管理者と管理者の両方である必要があります。

コードが有効化されたら、コード リポジトリ ツール (Bitbucket、GitHub など) を Jira Software にリンクする必要があります。

  1. チーム管理対象ソフトウェア プロジェクトに移動します。

  2. 左側のメニューで [コード] を選択します。

  3. 以下の手順を実行します。

ソース コード管理ツールが Jira Software にリンクされたら、リポジトリをプロジェクトに追加する必要があります。開発情報を Jira の課題に関連付けると、そのリポジトリが Jira プロジェクトに自動で追加されます。

現時点では、これには次の 2 つの方法があります。

Jiraでブランチを作成する

  1. プロジェクト内で課題を開きます。

  2. [開発] セクションで [ブランチの作成] を選択します。

コミット メッセージまたはプル リクエストを書き込む

開発ツールでは、コミット メッセージまたはプル リクエストに Jira 課題キー (例: PROJ-123) を含めて、そのリポジトリをプロジェクトにリンクします。

開発作業から課題を参照する方法をご確認ください。

Jira Software の開発情報を表示する

開発作業で課題の参照を開始すると、次のメリットが得られます。

[コード] ページのリポジトリ

[コード] 画面には、プロジェクトに関連するすべてのリポジトリのリストが表示されます。

Jira 課題の開発パネル

開発作業で参照されている課題には [開発] パネルがあり、このパネルを開いたときに表示されます。パネルには、課題に関連するブランチ、コミット、プル リクエストのステータスが表示されます。

Jira 課題の詳細ビューには、「開発」というセクションがあります。この課題には、1 つのブランチ、8 つのコミットと 1 つのプル リクエストがあります
  1. 開発パネル: ブランチ、コミット、プル リクエストにカーソルを合わせると、最終更新日時が表示されます。

開発パネルの詳細をご確認ください

カードでの開発情報

開発作業で参照される問題には、ブランチ、コミット、プル リクエストのステータスを示すアイコンがカードに表示されます。

ソフトウェア開発アイコン付きのチーム管理対象ボード。アイコンにカーソルを合わせると、「1 件のプル リクエスト」というツールチップが表示されます。

自動化

自動化を使用して、ブランチの作成時に課題を [進行中] に移行する場合など、開発に関連するルールを作成します。

Jira Cloud プロセスを自動化する方法の詳細

最終更新日 2021年04月 5日)
次でキャッシュ 5:50 PM on Aug 3, 2021 |

その他のヘルプ

コミュニティに質問