チーム管理対象プロジェクトのロードマップのトラブルシューティング

このページには、チーム管理対象プロジェクトでよく見られる問題の解決策が含まれています。

企業管理対象プロジェクトに関連する一般的な問題の解決策については、こちらをご覧ください

ロードマップのトラブルシューティング

プロジェクトや、プロジェクトに含まれるエピックや課題により、ロードマップにアクセスできないことがあります。

プロジェクトの課題やエピックが上限を超えている

プロジェクトに 3,000 件を超える課題または 300 件を超えるエピックが含まれる場合、ロードマップは表示されません。

ロードマップにはフィルターが組み込まれており、次の条件に当てはまると自動的にエピックを除外します。

  • エピックが 1 年以上前に [完了] ステータス カテゴリーに移動している。

  • エピックは [完了] ステータス カテゴリーに移動され締切日が 1 年以上前である。

エピックに期日を設定することをおすすめします。このようにすると、エピックを完了とマークするか、期日を調整するように促す通知を受け取ることができます。[期日] フィールドはエピックの課題ビューにあります。

エピック課題タイプがない

プロジェクトにエピック課題タイプがない場合、ロードマップは表示されません。この課題タイプは上位レベルの課題タイプである必要があるため、"エピック" という名前の通常の課題タイプが存在してもロードマップは使用できません。これを修正するには、ロードマップに移動して新しいエピック課題タイプを作成するか、既存の課題タイプを選択してそれをエピック課題タイプとして指定します。

エピック課題タイプに日付フィールドがない

エピック課題タイプには、ロードマップで表示するための [開始日] と [期日] フィールドが必要です。これらが削除された場合、ロードマップに移動して再追加できます。

ストーリーレベルの課題タイプが意図せずエピックに変換されている

ある課題タイプをエピックに誤って変換してしまい、課題がボードやバックログに表示されなくなった場合、以下の手順でこれらの課題を元の状態に戻すことができます。

  1. ストーリーレベルの課題タイプを新しく作成します。

  2. 誤ったエピック課題タイプ (変換済みの課題タイプ) を削除します。

  3. 課題タイプの削除プロセス中に、すべての課題の移動先となる新しい課題タイプを選択するように求められます。

  4. 作成した新しい課題タイプを選択します。

  5. 必要に応じて、この新しい課題タイプの名前を元の名前に変更します。

破損した課題を管理する

課題タイプ、ステータス、ステータス カテゴリ、ランク設定など、特定の詳細情報が無効の場合、その課題は破損しているとみなされます。詳細情報は、課題の作成時に不足していたり、一括インポートで問題が発生したりすることがあります。

破損した課題の詳細が修正されるまで、ロードマップは表示されません。

破損した課題を修正するには、サポート チケットを起票する必要があります。お客様が引き続きロードマップを使用できるよう、アトラシアンのチームが課題の修正を支援します。

最終更新日 2021年10月 8日)
次でキャッシュ 2:13 AM on Nov 27, 2021 |

その他のヘルプ